オオシマザクラの好展望地を探して
2015 / 03 / 28 ( Sat )
オオシマザクラの好展望地を探して、4回目の周辺歩きです。
今日は、沢沿いの道路をはさんで大煙突と対峙する、高鈴町の山を
歩いてきました。
展望

日立鉱山の大煙突は、日立市民にとっては、その高さが1/3になろう
とも、煙突ではなく大煙突なのです。
大煙突

今日歩いた山は、典型的な里山ですが、今はほとんど歩く人もいない
ようです。
ウグイスカグラが咲いていました。子供の頃、赤く色づいた果実を
食べながら歩いた記憶があります。
ウグイスカグラ

この時期、小さな花ですが、黄色い花をつけたこの花は結構目に
付きます。
ダンコウバイですが、よく似た花にアブラチャンがあります。
ダンコウバイは花柄がないことで、区別できます。
ダンコウバイ

馬酔木と書かれるアセビです。有毒植物で、アセビの葉を食べた馬が
その毒で酔ったようになった、ということから名づけられたようです。
よく見るとスズランの花にも似た、可愛らしい花弁をつけています。
アセビ

ヒサカキは日立鉱山の煙害跡地に多く見られます。
普段は何気なく見過ごしてしまいますが、この時期よく見ると、小さな
クリーム色の花をびっしりとつけているヒサカキが見られます。
ヒサカキ

タケノコのように地面からにょきっと出ているのはミミガタテンナンショウ
です。
サトイモ科の植物で仏炎苞と呼ばれる花は、特異な形をしており、山の中
では良く目立ちます。
ミミガタテンナンショウ

薄いクリーム色のシキミは、果実に強い有毒成分を含み、劇物取締法
により、植物では唯一、劇物に指定されています。
仏教に関わりの深い植物で、仏前や墓前に供えられたりします。
シキミ


高鈴町
スポンサーサイト
21 : 01 : 15 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<いつものイワウチワ | ホーム | 春を感じる>>
コメント
----

鹿嶋地方も桜が咲きだしました。
山桜は多少ずれますから、阿武隈山系の山桜はもう少し先でしょうか。
勿来の関に源義家の「道も瀬に散る桜かな」の石碑があった記憶。

今朝は素浪人初日です。
先を行く山猿さんにご指導を受け「最終章」を学びたいと思います。
6日夜発で四国を散策してきます。
by: 山さん * 2015/04/01 07:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
やっとお役御免ですか。「最終章」などといわず、折り返しと考えては。
四国行きは、3月の愛宕山で話していた現地の人との再会ですね。
今回はがんばらなくてもいい四国詣でなので、観光気分で楽しめるでしょうか。
気をつけて行ってください。
茨城に戻った時には、葉桜になっていますね。
小国の山もゆっくりと雪解けが始まっていることでしょう。
by: yamazaru * 2015/04/01 20:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/399-87b197eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |