日立の山は金の山
2015 / 02 / 27 ( Fri )
私には普段は縁のないゴルフ場に行きました。
日立市のかみね公園に隣接する日立ゴルフクラブです。
ここで、3月にカンブリア杯と称したゴルフ大会が開催されます。
この大会の賞品の一つに、5億年前の岩石を加えたいとのことです。
このため、透明ケースに入れたカンブリア紀の岩石を、発見者である
茨城大学名誉教授田切先生の証明書付で、ゴルフ場に納めることに
なりました。今日はこのためのいわば納品です。
ゴルフ場の社長、支配人、理事長など、それにジオ側は田切先生、
塙代表と私で話し合いを持ち、ゴルフ場側の日立のジオに対する
熱い思いを聞いてきました。
日立ゴルフクラブ

ゴルフ場のロビーにはカンブリア杯のビラが貼られていました。
「日本最古5億年・カンブリア紀層・日立大地」と書かれています。
開催日は3月11日で、4年前の東北大震災を意識した日程で、
カンブリア紀の強固な地層の上につくられたコースは、地震にも
強く、安心してプレイできるということでしょうか。
カンブリア杯

この後、塙代表に近くの露頭と、佐竹時代の金採掘跡を案内して
もらいました。
ここは小木津山自然公園に近い採石場跡で、5億年前のカンブリア紀
の露頭です。
赤沢層露頭

ここは金の採掘跡です。日立の山にはこのような佐竹時代の採掘跡が
たくさん見られます。
金採掘跡

穴の中は二手に分かれた坑道となっています。
中には水がたまり、入ることはできませんが、固い岩盤が人の手によって
掘られ、たいへんな作業だったことが伺えます。
金採掘跡

上を見ると石英の塊が見えます。
海底の熱水鉱床から噴出した熱水が、岩石の割れ目に侵入し、冷えて
固まったものです。この時の熱水が金などを運んでくるのです。
石英脈
スポンサーサイト
16 : 50 : 14 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<日本の桜百選-日立の桜を守るために | ホーム | 化石採集>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/389-d8458e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |