助川山市民の森で見た浮雲
2015 / 02 / 01 ( Sun )
「助川山市民の森」を歩いてきました。
ここは、平成3年に日立市の山林で発生した大規模な山火事跡に、
日立市が公園として整備したものです。

ここは公園の入口に建てられた「ネイチャーセンター」です。
日立市の公園里親制度によって、この場を管理、整備している
「助川山保全くらぶ」のメンバーが、休日には「ネイチャーセンター」
に詰めており、園内をパトロールしています。
ネイチャーセンター

火事の焼け跡に再生した二次林には、遊歩道が整備されています。
ここからは太平洋も望むことができます。
遊歩道

この時期は、冬枯れの静かな山歩きが楽しめます。
冬枯れ

この辺の地層は、大雄院層と呼ばれる古生代石炭紀に堆積した地層で、
石灰岩が産出されます。
青空が広がる上空を見上げると、石灰石を運ぶ架空索道と呼ばれる
搬送器が、行き交っています。
索道

東屋が建てられた助川山山頂が見えます。助川山は、別名おむすび山
とも呼ばれ、遠くから見るとおむすびのような山容が目を引きます。
助川山

山頂からは東に太平洋、西には阿武隈山地の展望が広がります。
冬枯れの梢の先には、日立市の中心部と、その先太平洋です。
助川山から

なんか、テレビ番組の映像に使われそうな、流れるような見事な積雲です。
浮雲
スポンサーサイト
08 : 00 : 26 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<忙しかった日曜日 | ホーム | 不動の滝>>
コメント
----

面白い雲の流れですね。
近くにいくらでもコースがり羨ましい限りです。
愛宕山の参加者は例年どおりくらいが予想されます。
よろしくです。
by: 山さん * 2015/02/03 07:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

例年くらいの参加者が集まるようで、うまい料理と酒と音楽と。
今年も楽しみです。
by: * 2015/02/03 14:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/378-94f10dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |