スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
巨石と信仰の山、竪破山
2014 / 12 / 28 ( Sun )
日立市の最高峰であり、山中にある二つに割れた大石、太刀割石
(たちわれいし) が名前の由来となったといわれる竪破山 (たつわれさん)
歩きました。

ここは竪破山ハイキングの起点であり、山中に祭られた黒前 (くろさき)
神社の入口でもあります。
黒前神社入口

神社参道を歩きます。
ここは神域であり、人の手は加えられていないのでしょう、薄暗い林内
を歩きます。
参道

すぐに不動石と呼ばれる巨石が現れます。
この石は、黒前神社の祭神が浜降りの時、神輿の休み場所であったと
言われています。
不動石

烏帽子石です。八幡太郎義家が神社に参拝した時、かぶっていた烏帽子
に似ているそうです。
烏帽子石

林内には名前の付けられていない巨石もたくさん現れます。
巨石

炭焼き小屋跡も現れました。
ここには、「これは昭和25年頃まで使っていた炭やき釜で、あかめやき釜
といって、たいへん珍しいものです」、というようなことが、書かれています。
あかめやきとは備長炭で知られる白炭のことです。バーベキューなどに
使われ、ホームセンターなどで売られているのは黒炭です。
炭焼き小屋跡

黒前神社方面に向かいます。仁王門をくぐると、その先に釈迦堂が
建てられています。ここには、舟石と甲石 (かぶといし) と名づけられた
大きな石があります。
舟石はその名のとおり舟の形をした石で、甲石は大きな石をくりぬいて
祠をつくり、その中に薬師如来の十二神将が祭られているとのことです。
舟石と甲石

黒前神社の拝殿です。
ここから竪破山山頂方面に向かうすぐ先に、石造りの本殿が建てられて
います。
黒前神社

二等三角点の設置された竪破山山頂です。
ここには展望台が建てられ、阿武隈山地の山々から那須連山、日光
連山を俯瞰することができます。
竪破山山頂

北西方面に向かうと、ブナの巨木が現れます。
樹皮は日本海側のブナに比べるときれいではありませんが、太平洋側
では珍しいもので、神域として守られてきたためでしょうか。
樹高や枝振りなどは、東北のそれと比べても見劣りするものではありません。
ブナ

太刀割石です。東北大震災を経て、下にずり落ち、傾斜もきつくなって
いるようです。
この石は花崗岩です。陸地を構成する主要な岩石で、中生代白亜紀に
形成されたものです。
二つに割れた平らな面は節理、反対側の丸みを帯びた面は風化による
ものです。
節理とは岩に大きな力が働き、割れ目ができることです。
風化は地表に露出した岩石が、気温や雨、風などにさらされ、時間と
共に破壊されていくことです。
太刀割石

節理面です。石英、長石、黒雲母からなります。
大きな結晶ですが、風化が進んでいるようです。
花崗岩

道の途中の崖からは、砂がさらさらと落ちてきます。
これは花崗岩の風化が進んで、砂状に変化したもので、真砂土
と呼ばれるものです。
今年8月に広島で発生した豪雨による土砂災害でも、この真砂土
の表層崩壊が大きな原因となっているようです。
真砂
スポンサーサイト
21 : 10 : 37 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
<<新春歩き初め | ホーム | 消滅集落(その2)>>
コメント
----

明けましておめでとうございます。
常磐の山々の登頂記録毎回楽しみに拝読しています。
今年もよろしくお願いします。

これから小学生の孫と自転車で東国三社詣でに出発します。
by: 山さん * 2015/01/02 08:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

明けましておめでとうございます。
東国三社詣、無事にお参りできましたか。

この三社の位置関係はトライアングルですね。
お孫さん共々、良い年になりそうでしょうか。
今年もよろしくお願いします。
by: yamazaru * 2015/01/02 16:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/373-29c95e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。