消滅集落(その1)
2014 / 11 / 23 ( Sun )
筑波にお住まいの人からメールで「福島県矢祭町にある檜山に
茨城県側から入る道はないのですか」と、問い合わせがありました。

檜山は矢祭山と久慈川をはさんで対峙する山で、だいぶ前ですが
これまで2度ほど檜山を歩いています。山の記憶はまったくありません。

地形図には福島県側から檜山山頂途中まで道が書かれていますが、
その先山頂までの道は書かれていません。しかし矢祭町によって、
山頂まで遊歩道として整備されています。

この檜山に茨城県から登るとすれば、県境の南側大子町から入ることに
なります。
地形図を見ると、檜山のピークから南に萩と書かれた集落があります。
この集落に県境をはさんで大子町の北部を走る道路から、山道が通じて
います。ここから茨城、福島の県境を抜け、萩地区に入り、檜山へ登れ
そうです。
それにしてもここには数軒の家があるようですが、なぜここに至る道路が
ないのでしょうか。

大子町の道路を西に向かい、高久地区を過ぎ、それらしい道を探したが
地図に書かれたような沢道は見つかりません。
わずかに踏み跡らしきところが見られますが、ちょっと入る気になりません。
このため福島県矢祭町から檜山に登り、そこから逆に茨城方面への道を
探すことにしました。

JR水郡線矢祭山駅を過ぎ、久慈川に架かる橋を渡り、すぐ右折すると
「矢祭山友情の森」と名づけられたキャンプ場が整備されています。
この駐車場に車を停め、歩き始めます。
檜山地図

冬枯れの進んだ静かな登山道を歩きます。
落葉広葉樹林の森にはカツラの木が多いのでしょうか。
ほのかに甘い匂いが続きます。
登山道

登山道にはたくさんの広葉樹の落葉が見られました。
落ち葉

久慈山地から矢祭の町並み、その先に阿武隈山地の山並みが見えます。
矢祭町

山頂手前に石仏が置かれていました。寛政3年と書かれています。
石仏

檜山山頂です。
檜山山頂

山頂からは石仏のおかれたところまで戻ります。
ここは分岐になっており、登山口方面と反対方向にも道ができています。
茨城県方面の道ではないかと考え、この道を進みます。
道はしっかりとしていますが、歩く人はいないのでしょう、倒木が道をふさぎます。
倒木

ここにも石仏が置かれていましたが、いつごろのものかはわかりません。
石仏

道を下っていくと突然廃墟と化した集落に出会いました。
数件の家が確認できますが、完全に潰れている家もあります。

萩の集落は福島県に位置します。かってここで人が生活していたころ、
買い物などは多分大子町でしょう。
しかし町役場などへ行く場合にはどうしたのでしょうか。一度茨城県に下って
から、福島県に入ったのでしょうか。
それとも檜山を越えて矢祭町に行ったのでしょうか。
道路もなく、もちろん店もなく、確認するのを忘れましたが、電気は通じて
いたのでしょうか。
そもそもなぜこういうところに家を建てたのでしょうか。
かってここに住んでいた人に聞いてみたいものです。
ここ萩の集落は限界集落を経て、いつの頃からか消滅集落となったようです。
いま日本には限界集落が増えているようです。その果てが消滅集落なの
です。日本中に広がらないことを願うばかりです。

今回は茨城県から檜山に登るには、萩の集落からの道を確認できました。
次は大子町から萩の集落に続く道を訪ねてみようと考えています。
消滅集落
スポンサーサイト
20 : 23 : 20 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
<<晩秋の小木津山 | ホーム | 野鳥の森整備>>
コメント
----

流石は山猿ですね!!
そんな所があるのでね。
これからのシーズンは低山歩きも良いですね。
藪の落葉樹は葉を落とし見通しが利きますから。

私も機会を作り彷徨ってみましょう。
by: 山さん * 2014/11/29 12:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

山さん
角楢付近はもう白くなっているのでしょうか。
しばらくは野ウサギなど動物の世界になりますね。
来年は山へ行く時間も増えそうなので、飯豊・朝日で遊べればなと、考えています。
また、茨城の山でも結構いいところがあります。
県内の山であれば、冬でも一年中安心して歩けます。
by: yamazaru * 2014/11/29 20:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは。
初めまして。
下野宮からゲンゴロウ坂を登りきった高久の左側の家の裏の道を墓地方面に行くと、墓地の先の方に桧山までの道が有ります。何年か前に歩いたのですが、篠で覆われていて大変でした。
by: 石川@ * 2014/12/08 15:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

石川さん
コメントありがとうございます。
高久の周りは入る道を探したのですが、はっきりしませんでした。
ヤブを分け入れば入れそうなところはあったのですが、分け入る気持ちになりません。
地図を見ると大きな沢道があるので、次回はそこを歩いてみようと思います。
そこから萩に行ければ、戻りは地図の点線で描かれた道を探してみます。
by: yamazaru * 2014/12/08 17:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/368-91c92fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |