鵜の岬
2014 / 03 / 30 ( Sun )
日に日に暖かさが増してきています。
東京では桜も開花しましたが、ここ日立ではもう少し先のようです。
今日は家族で畑へ行ってきました。
しばらく行ってなかったので、畑の様子を見るのがちょっと怖いような
気持ちですが、久しぶりの畑は案の定、雑草園になっていました。
小さな紫色の花は、ホトケノザで、黄色の花はセイヨウタンポポです。
野山で見る場合は野草としての名前で呼びますが、畑では十派一からげで
どの花でも、どの草でも雑草です。
この日は春の種の植え付けのために、草を抜き、一部を耕してきました。
畑

この後、近くの鵜の岬に寄りました。
ここには、宿泊利用率とかが全国一といわれる国民宿舎があることで
知られた場所です。
国民宿舎

スイレン池と呼ばれる人工池です。
池

わんぱく砦です。
公園

鵜の飼育ケージです。
鵜

国民宿舎「鵜の岬」の本館です。
本館

砂浜が続く伊師浜海岸です。この先には北茨城から福島、そしてあの
福島第一原子力発電所があります。
伊師浜海岸

碁石ヶ浦海岸は常陸国風土記に「碁石のような石がとれる」と書かれている
ことに由来するようです。
以前来たときに、この砂浜ではきれいな石をたくさん見ることができたのですが
今日は花崗岩の真砂からできた砂だけでした。
碁石ヶ浦

碁石ヶ浦の岬の先端をズームしてみました。
海鵜が数羽確認できます。
海鵜

この後、現在公開中の海鵜の捕獲場に向かいます。
1月から3月いっぱいまで公開されるもので、明日が公開の最終日です。
岸壁に作られた鳥屋(とや)と呼ばれる捕獲場に行くために、岩盤を
くりぬいて作られたトンネルを歩きます。
海鵜捕獲場

岸壁に作られた海鵜の捕獲場、鳥屋です。
上部に作られた穴から顔を出すと、目の前には広大な太平洋が広がって
いました。
海鵜捕獲場

国民宿舎前には先の東北大震災の際に押し寄せた津波の位置を示す
「津波到達点」と書かれた案内板が建てられています。
津波
スポンサーサイト
18 : 47 : 51 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<スプリングエフェメラルを探して | ホーム | 山菜採りハイキング>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/320-abdd2eab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |