日立の金採掘跡
2014 / 03 / 26 ( Wed )
日立市内の山中には佐竹藩時代の金の採掘跡が相当数あると
言われています。天然に産する金は石英脈の中に入り込んでいます。
この石英は市内の山中ではよく見られ、白い石は石英か石灰岩が
ほとんどです。
今日はジオネット日立の塙代表の案内で、御岩山山中の採掘跡を
探しました。

ここが金採掘穴です。この穴は内部が調査されており、ここから
竪穴が掘られているようです。
今は危険なのでこの穴から入ることはできません。
金採掘跡

御岩山の流紋岩岩頸です。
海底火山が噴火し、そこから噴出したマグマがほとんど流れることがなく
固まったものです。
溶岩岩頸

山頂に置かれた祠です。
山頂

常陸国風土記に書かれた賀毘礼の高峰と言われる岩場から、県北の山々を
俯瞰します。
賀毘礼の高峰

流紋岩岩頸です。高熱のために岩が変色しています。
溶岩岩頸
スポンサーサイト
20 : 20 : 37 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<清掃登山 | ホーム | キクザキイチゲ>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/317-2ce68002
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |