御岩山観察会
2014 / 03 / 15 ( Sat )
森林インストラクターの観察会で小木津山自然公園から御岩山を歩き
ました。
小木津山では5億年前の日本最古の地層を観察、公園内の植生や、園内
の生態系を構成する生物の食物連鎖の頂点がフクロウであることなどを
説明しました。

この後、御岩神社に移動しました。
「東の大きな山を賀毘礼(かびれ)の高峰と呼ぶ」と、常陸国風土記に書かれた
この賀毘礼の高峰ではないか、といわれる御岩山、その麓に創建された
御岩神社は、古くは縄文時代から信仰の聖地であったともいわれています。
最近ではパワースポットとして人気があるようです。

御岩神社の境内にはキンポウゲ科の早春の花、「セリバオウレン」が
咲いていました。
セリバオウレン

怖いのか、愛嬌があるのか、人によって見方は違うと思いますが、
頭に「ナガヒツジゴケ」をかぶる狛犬です。
狛犬
スポンサーサイト
20 : 51 : 32 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<裏山歩き | ホーム | 裏山散歩>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/314-b675839d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |