御岩山から高鈴山
2013 / 09 / 07 ( Sat )
日立市の御岩山から高鈴山を歩いてきました。
御岩山の麓、御岩神社から歩きます。
御岩神社

神社の本殿の先が御岩山へのハイキング道となっています。
神域でもあり、県立自然公園の特別地域でもあるこの付近は生態系を
守るため、樹木の伐採や植物の採取などが規制されています。
沢沿いの道に咲くタマアジサイが、山歩きの心地よさを感じさせます。
御岩神社

御岩山山頂に見られる岩塊は、5億年以上前の古生代カンブリア紀の
ものです。地中のマグマが地上付近で急に冷えて固まった火成岩である
流紋岩が変成作用を受けたものです。
御岩山岩塊

タマアジサイは沢沿いに自生するもので、この時期市内ではあちこちの
沢で見ることができます。
開花前のつぼみが丸いことから名づけられました。
タマアジサイ

ツリフネソウです。この花はいつ見ても花期の終えた、しおれたような
花が多いのですが、今日は元気な花を見ることができました。
ツリフネソウ

ミズヒキです。御祝儀袋に掛かる赤白の水引から名づけられました。
ミズヒキ

これはキンミズヒキです。ミズヒキの花はあまり目立ちませんが
この花は大きく目立ちます。
ミズヒキはタデ科、このキンミズヒキはバラ科植物です。
キンミズヒキ

オトコエシです。女性的なオミナエシに対し、男性的なオトコエシということ
ですが、どこが女性的で、どこが男性的なのでしょうか。
オトコエシ

葉を見るとわかりますが、単子葉植物でユリ科のヤマジノホトトギスです。
ヤマジノホトトギス

これはまだつぼみですが、アズマヤマアザミです。
葉の付け根から複数の花を咲かせます。
アズマヤマアザミ

高鈴山山頂付近の狭い範囲に棲息するエゾゼミです。
いつの頃からか、山頂付近ではこのセミの鳴き声で賑わいます。
エゾゼミ
スポンサーサイト
18 : 39 : 22 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<山行計画 | ホーム | 露天風呂を探して>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/283-482e2266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |