5億年を訪ねて
2013 / 08 / 20 ( Tue )
今日はジオパークインタープリタの塙さんと日立の御岩山、そして近辺の
ジオポイントを調査しました。

スタートは御岩神社からです。ここは御岩山の麓にあります。
「常陸国風土記」に書かれた「賀毗礼(かびれ)の高峰」とは、この御岩山
ではないかといわれています。
そうであれば、奈良時代に編纂された「常陸国風土記」、そして御岩山の
山頂付近で発掘された縄文時代の遺跡などから、御岩神社は古代から
信仰の地であったと考えられます。
御岩神社

茨城県指定の天然記念物、三本杉で、御岩山中に祭られている神々の
御神木となっています。
林野庁の「森の巨人たち100選」に選ばれています。
三本杉

御岩神社、賀毗礼神社と書かれた絵図です。
江戸時代の天保12年に書かれたようです。
江戸絵巻

御岩山山頂付近で見られる、日本最古の溶岩性ドームを形成する流紋岩岩頸です。
ロッククライミングのトレーニング場としても、知られています。
火成岩

シマヘビがアカネズミを飲み込もうとしていました。
シマヘビ

宮田川の不動滝です。
日立市郷土博物館の田切先生(元茨城大学副学長)の調査では、左岸の白っぽい
岩石は砂岩が変成した千枚岩であるそうです。
不動滝

大正3年の建設時には世界一の高さを誇っていた日立鉱山の大煙突は、
平成5年に倒壊し、今は当時の1/3を残す高さになりました。
大煙突の下に見えるずんぐりとした円筒状のものは、大煙突ができる前、
政府の命令で建てられたダルマ煙突です。しかし、この煙突は煙害を増やす
ことになり、阿呆(あほう)煙突と呼ばれ、使われることはなかったのです。
新田次郎の「ある町の高い煙突」のモデルになりました。
大煙突

日本鉱業大雄院事務所前にある駐車場の一角に「日立製作所創業小屋の址」
の碑があります。
ここは日立製作所創業の地として知られています。
創業小屋そのものは、日立事業所海岸工場内の小平台に建てられています。
日立製作所発祥の地

小木津山自然公園近くの砕石場跡です。
ここでは古生代石炭紀の露頭を見ることができます。
露頭
スポンサーサイト
22 : 49 : 31 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<露天風呂を探して | ホーム | 日立アルプスを歩いてきました。>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/281-16d2fb66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |