日立市自然観察会
2013 / 06 / 29 ( Sat )
日立の自然観察会に参加しました。「日立の自然ガイドブック」を編集した
植物や野鳥、昆虫などの専門家と一緒に歩き、生物を観察するという企画で
十王町高原を歩きました。
観察会

アワブキです。
枝を燃やすと、枝の切り口から泡のようなものを吹き出すとか、樹冠に
広がった花が泡を吹いたように見えることから名づけられました。
この写真を見ると、泡を吹いたように見えます。
アワブキ

マタタビの葉です。この時期枝の先の葉が白くなり遠目からでも
よく目立ちます。
しかしこの白い部分は、葉緑素が失われているのではありません。
葉を切り離してみると白いところにも、緑が見えます。この白い部分は
やがて緑色に戻ります。
マタタビは虫媒花で、昆虫が花粉を媒介し、受粉の手助けをします。
この昆虫が目に付きやすいよう、他の葉と区別するために一時期、葉を
白く見せる、植物の戦略なのです。
マタタビの葉

マタタビの花です。
マタタビ

馬頭観音とは、古くは仏教の信仰の対象として、千手観音や十一面観音と
同じ六観音のひとつとして信仰を集めたとのことです。
この写真のように、私たちがときおり路傍で見かける馬頭観音は、馬が
荷物を運ぶ手段として使われるようになった江戸時代に、道中に倒れた
馬の霊を慰めるために建てられたのです。
馬頭観音
スポンサーサイト
18 : 38 : 55 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<泉神社の湧水とイトヨの里 | ホーム | 海浜植物>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/272-95bbea2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |