雪割草の角田山を歩きました
2009 / 04 / 05 ( Sun )
山仲間と雪割草で知られた新潟の山、角田山を歩いてきました。
角田山は佐渡弥彦米山国定公園の中にあり、山を下るとすぐに日本海です。この山は地元の
人たちの手で、雪割草が植栽、保護されています。
ところで、雪割草と名のついた花はありませんが、キンポウゲ科のミスミソウの別名がユキワリソウと
呼ばれています。このミスミソウやカタクリなどはスプリング・エフェメラルとも呼ばれます。
スプリング・エフェメラルとは春の短い命とでも訳せばよいのでしょうか、その名の通り、早春の
落葉樹林で、林内の雪が解け、太陽の光が林床に射し込むと、真っ先に咲く花です。しかし、葉を
落としていた落葉樹も時間の経過と共に芽吹き始め、木々は競って葉を広げます。
スプリング・エフェメラルはこの期間にハチなどによって受粉を済ませ、子孫を残し、花は枯れ、
葉もすぐになくなります。短い命というのは、このように早春の林床に暖かい光が入ると地上に現れ、
周りの木々の葉が広がると姿を消すということからつけられたのです。しかし、「短い命」だけでは
なく「春の妖精」と呼ばれることもあります。

ミスミソウ(三角草)です。この花は変異が多く、多様な色と形があります。
09-04ミスミソウ1 09-04ミスミソウ2 09-04ミスミソウ3

09-04ミスミソウ4 09-04ミスミソウ5 09-04ミスミソウ6

ミスミソウ7 ミスミソウ8 ミスミソウ9

ミスミソウ10 ミスミソウ11 ミスミソウ12

ミスミソウ13 ミスミソウ14 ミスミソウ15

ミスミソウ16 ミスミソウ17 ミスミソウ18

ミスミソウ19 ミスミソウ20 ミスミソウ21

ミスミソウ22 ミスミソウ23 ミスミソウ24 

ミスミソウ25 ミスミソウ26

カタクリ(片栗)です。ここで見たカタクリは花も葉も大きいですね。
09-04カタクリ1

こんな具合に群落をつくり、いたるところに咲いています。
09-04カタクリ2

キクザキイチゲ(菊咲一華)です。
09-04キクザキイチゲ

イカリソウ(碇草)です。
09-04イカリソウ

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)です。
09-04エゾエンゴサク

エンレイソウ(延齢草)です。
09-04エンレイソウ

スミレサイシン(菫細辛)です。太くて短い距が特徴です。距(きょ)とはスミレが受粉のための
ハチを呼び寄せるための蜜壷です。
09-04スミレサイシン

ジンチョウゲの仲間のナニワズ(難波津)です。ジンチョウゲの良い香りを期待したのですが、
無臭でした。
09-04ナニワズ

はじめて見ました。ユリ科のコシノコバイモ(越の小貝母)です。
09-04コシノコバイモ


スポンサーサイト
22 : 03 : 51 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<茨城のスプリング・エフェメラルは | ホーム | 裏山散歩>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/25-5d549cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |