あれ、石炭の路頭が
2012 / 06 / 16 ( Sat )
先日の日曜日、散歩で近くの道路新設現場を歩き、切通しの法面で真っ黒い
岩石の塊を見つけました。
あれ、これは石炭では。
私の住む日立市では昭和48年に廃坑となるまで石炭の採掘をしていた櫛形炭鉱が
ありました。そして、ここから北には「フラガール」で知られた常磐炭鉱もありました。
ここに石炭の露頭が現れても不思議ではありません。
石炭

今日は岩石に詳しい県北ジオパークインタープリターの仲間と3人で、土木事務所の
許可を得て工事現場に入りました。
しかし、先日の露頭は既に重機で埋められていました。
近くを観察してみると粘板岩の露頭が大きく現れていました。中には黒っぽい岩石も
一部見られます。この粘板岩が濡れていると黒く見えるようです。
石炭という見方はなくなりましたが、これだけ規模の大きな粘板岩の露頭は切通しの
工事現場だからのものと思います。
粘板岩
スポンサーサイト
18 : 23 : 07 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<今夜の一杯は山形の大吟醸 | ホーム | キビタキのさえずる小木津山>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/213-8f0d4bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |