裏山散歩で植物観察
2012 / 05 / 02 ( Wed )
全国的に雨の予報で、遠出はしないで近くの山道を散歩しました。
5月の山を彩るウツギが咲き始めました。唱歌「夏は来ぬ」で「卯の花の
匂う垣根に」と歌われている「卯の花」とはこのウツギのことです。
私はこの花を見ると朝日や飯豊の山歩きで見たタニウツギを思い出します。
ウツギ

花期も終わりに近いのですが、このヤマブキは鮮やかに咲き誇っています。
こんなきれいな花が野生種とは、さすがバラ科です。山はいいですね。
ヤマブキ

沢にはクレソン(オランダガラシ)がびっしりと。
クレソン

ニワトコです。数ミリ程度の小さな花が集まり、泡のように見えます。
ニワトコ

オミナエシ科のツルカノコソウです。対生する葉に特徴があります。
ツルカノコソウ

ヒメハギ科のヒメハギです。
小さな花で、注意していないと見逃してしまいます。
ヒメハギ

ムラサキ科のホタルカズラです。青紫色の花に隆起した白い線が目立ちます。
ホタルカズラ

アヤメ科のシャガです。同じアヤメ科のアヤメやカキツバタは花が終わると
地上部が枯れる宿根草ですが、シャガは常緑の多年草です。
シャガはヒガンバナと同じく不思議な植物で、3組の染色体を持つ三倍体の
植物です。このため花が咲いても種子ができません。
日本のすべてのシャガは同一の遺伝子を持ち、人の手によって広がったと
考えられています。
シャガ
スポンサーサイト
22 : 53 : 06 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<新緑に包まれた日立アルプス | ホーム | 秘密基地で植物観察>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/204-e4d9df6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |