秘密基地で植物観察
2012 / 04 / 30 ( Mon )
イチリンソウが見たくて今年も秘密の場所に行ってきました。
古い植物図鑑を見ると、私の住む茨城県内でも結構見られたようですが、
今はほとんど見ることができません。
この場所にはここのところ毎年のように通っています。
イチリンソウ

ニリンソウです。この花は山の中や民家の近くなど、あちこちで見ることができます。
今年4月には北海道で毒草のトリカブトをニリンソウと間違えて食べて、死亡事故が
起きています。
ニリンソウ

アジサイと同じユキノシタ科のヤマネコノメソウです。
花期が終わり果実の中には茶色の種子が見えます。
果実の中にカメムシが入っているのをよく見かけますが、おいしい果汁でも
あるのでしょうか。
ヤマネコノメソウ

シソ科のカキドオシです。この花は雑草のように路傍などで見かけますが
カキドオシ

ケシ科のジロボウエンゴサクです。
花弁の後ろに突き出ているのはスミレと同じ蜜腺のある、距(きょ)と呼ばれるものです。
ジロボウエンゴサク

これもケシ科のムラサキケマンです。
ムラサキケマン

野菜でおなじみの4枚の花弁を持つアブラナ科のコンロンソウです。
コンロンソウ

セリ科のセントウソウです。葉がセリによく似ています。
セントウソウ

ナデシコ科のミヤマハコベです。花弁は5枚ですが、それぞれの花弁が深く
切れ込んでおり、花弁が10枚あるように見えます。
雑草のように扱われることがあるハコベと比べ、花弁が大きいのでよく目立ちます。
ミヤマハコベ
スポンサーサイト
21 : 13 : 34 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<裏山散歩で植物観察 | ホーム | 筑波山塊の山歩き>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/203-fb3a9cbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |