日立アルプス
2011 / 11 / 27 ( Sun )
日立アルプスを歩いてきました。
目的は来年1月のフルマラソンのためのトレーニングですが。

紅葉落葉も進み、落ち葉を踏みしめての静かな山歩きで、
一人至福の時間です。
登山道

太平洋に近いこの付近は、西日本から続く暖温帯の常緑広葉樹林と
落葉広葉樹林の植生をあわせもちます。
登山道

灰田勝彦の鈴懸の径(スズカケの道)ではなく、笹のスズタケの道です。
登山道

この日の高鈴山山頂です。雲が多く遠望はききませんでした。
高鈴山頂

高鈴山から神峰山に向かう道からの展望です。
多くがコナラだと思いますが、黄葉でしょうか、枯れ葉でしょうか。
登山道から

このあたりは落葉が進み、冬枯れ模様です。
ホウノキの葉がたくさん落ちています。
登山道

黄葉の美しい葉はコアジサイです。
登山道

ウリカエデの紅葉です。
一般的に私たちが目にする葉っぱは緑色をしています。この緑は葉緑素
(クロロフィル)と呼ばれる色素です。
季節が進み、秋になると気温が下がり、1日の日照時間が短くなると
クロロフィルが分解され、緑の色素は失われます。
かわりにこれまで葉に蓄積された養分(糖やアミノ酸)から新たな色素
アントシアニンがつくられ、これが紅葉です。
ウリカエデ

こちらはウリハダカエデです。
ウリハダカエデ

写真ではわかりにくいのですが、左がウリハダカエデ、右がウリカエデの
黄葉です。同じカエデでも紅葉するもの、黄葉するものがあります。
ウリハダカエデとウリカエデ

ガマズミです。
ガマズミ

笹にツルリンドウが巻きついています。
これほどたくさんの果実をつけたツルリンドウを初めて見ました。
ツルリンドウ

鮮やかな赤い実をつけたミヤマシキミです。
ミヤマシキミ

小木津山自然公園に着きました。昨日の下草刈りに続き、2日連続の
小木津山です。
小木津山

ここ小木津山自然公園は最近はモミジの名所として知られてきたようです。
小木津山

イロハモミジの紅葉です。これほど鮮やかな紅葉はなかなか見られません。
小木津山カエデ


スポンサーサイト
19 : 12 : 02 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<野鳥のための環境整備 | ホーム | 野鳥の森整備>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/176-e6aaf25c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |