スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
今日も植物観察
2011 / 10 / 29 ( Sat )
前日に引き続き、常陸太田市の山中での植物観察です。
今日は、昔の海底火山の爆発によって噴出したマグマが堆積した集塊岩で
形成された山です。
岩

シロヨメナが登山道に多く見られます。
シロヨメナ

リュウノウギクです。県内では袋田男体山の岩場でも見られますが、
葉をもむとすっきりとした樟脳のような香りがします。
リュウノウギク

この針葉樹は初めて見ました。こんなところにヒノキ科のネズ(別名ネズミサシ)が
生育していました。この針のような鋭い硬い葉がネズミを刺すことから、ネズミ除けに
使われことが名前の由来です。
ネズ

ネズの樹皮です。ヒノキの樹皮とよく似ています。
ネズの樹皮


岩場にはシダ植物であるイワヒバ(別名イワマツ)がたくさん見られます。
同じ岩に乾燥して丸く巻いているイワヒバと枝を広げたイワヒバが見られます。
イワヒバ

茨城県のレッドデータブックでは危急種に指定されているベンケイソウ科の
オオチチッパベンケイです。 
オオチチッパベンケイ1

オオチチッパベンケイの茎がイワヒバに巻きつかれています。
この付近の岩場ではこのようにイワヒバとオオチチッパベンケイが共存する
様子が観察できます。
オオチチッパベンケイは茨城県の危急種ですが、危急種とは絶滅の危険が増大
している種のことです。
私たちはこれらの生物多様性を維持するため、この環境を保護していかなければ
ならない義務があります。
オオチチッパベンケイ2
スポンサーサイト
21 : 51 : 57 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<県北ジオパークインタープリター | ホーム | 常陸太田市の山で植物観察>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/167-1afe872f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。