常陸太田市の山で植物観察
2011 / 10 / 28 ( Fri )
常陸太田市の山を歩いてきました。
歩くというのも気恥ずかしいのですが、車を止めて歩き始めてから5分くらいで
ピークに着いてしまう程度の山です。
今日は植物観察に力を入れました。

この時期赤い果実が美しいオトコヨウゾメです。
以前どこかの植物園で見たことはありますが、自生するものは初めて見ました。
スイカズラ科でガマズミと同じ仲間です。
オトコヨウゾメというユニークなネーミングは納得できる説はありませんが、
ただ、ガマズミのことをヨウゾメと古くは呼んだとか、そう呼ぶ地方があるとか。
オトコヨウゾメ

この時期、野山を歩くと多くのキク科植物を見ることができます。
このコウヤボウキもヤブの中のあちこちに咲いていました。
草本ではなく、これでも立派な樹木です。
この名の由来は、高野山で枝をほうきの材料として使われたからとのことです。
コウヤボウキ

キク科のヤクシソウです。アキノノゲシやヤマニガナによく似ています。
この花も山道やヤブの中を黄色く彩っていました。
ヤクシソウ

これもキク科のカシワバハグマです。
カシワバハグマ1

カシワバハグマの葉です。
カシワバハグマ2

オクモミジハグマです。
オクモミジハグマ1

オクモミジハグマの葉です。葉の形がモミジに似ているでしょうか。
オクモミジハグマ2

この花はオヤリハグマですが、茨城県のレッドデータブックでは希少種となっており、
守っていかなくてはならない種の一つです。
オヤリハグマ2

最後はキッコウハグマです。葉の形が亀の甲羅に似ているとのことから名づけられました。
この花は前述のハグマ類の中では最も小さな花で、
注意してないと見逃してしまいます。
キッコウハグマ
スポンサーサイト
21 : 22 : 59 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<今日も植物観察 | ホーム | 日立アルプス>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/163-c37eadb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |