スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
感動を与えてくれた「つくば100キロウォーク」
2011 / 05 / 29 ( Sun )
今年で2回目となる「つくば100キロウォーク」この28,29日、茨城県の
土浦市、つくば市、桜川市の3市にまたがるりんりんロードで開催されました。
1回目の昨年は、80キロの距離でしたが、今年からは100キロとなります。
2日間を通して雨が予想される中、北は宮城、南は九州、大分など各県から
300人を超える参加者がつくばに集まりました。

埼玉県からグループで参加された皆さんです。これから魔の100キロが待って
いることを知ってか、知らずか、本当に楽しそうなグループでした。
受付風景

東日本大震災の被災地、宮城県から参加された方々です。
宮城県から

受付風景です。以前は筑波鉄道が走り、ここはその筑波駅でした。
現在は自転車、歩行者専用道路「りんりんロード」のつくば休憩所となっています。
鉄道時代の名残のプラットホームで受付が行われています。
スタート前

午後1時のスタートです。参加者が多く、3つのグループに分けてのスタートとなりました。
私もこれまで何度かこのようなイベントに参加し、フルマラソンや100キロを歩いていますが、
スタート前は、これから待ち受ける期待感や不安感などで気分が高揚してきます。
2組目のスタートです。
スタート

3組目のスタートです。
スタート

さあ、スタートしました。まだ全員笑顔です。
このあと、りんりんロードを7キロ歩き、そこから筑波古道と呼ばれる一般道に入ります。
私はこの後、実行委員の一人として、参加者の道案内や、リタイヤ者の搬送、
エイドステーションでのお手伝いなどで動き回り、写真撮影はしばらく休みです。
スタート

一夜明け、藤澤のエイドステーションからつくばに戻り、ゴールした人たちを迎えました。

地元の筑西市から参加のお二人、感激のゴールを迎えましたが、その後はさわやかな
笑顔を見せてくれました。
ゴール

彼女はゴール手前で立ち止まってしまいました。そこへお母さんが近づきます。
私が一番感動した場面で、一緒に涙してしまいました。
感激のゴール

足の痛みに耐え、満身創痍のyuさんを励ましながら歩いたtayukayuさん。
涙のフィナーレの後は、万歳ですね。長谷川カップ、がんばってください。
ゴール

この3人はお友達でしょうか。歩き通した満足感、充実感を全身で表現しています。
ゴール

最初の写真のグループです。一人だけ完歩した仲間を全員で迎え、喜び合いました。
本当に見ていて楽しいグループです。
ゴール

宮城県からのグループも完歩しました。ご苦労様、お疲れ様でした。
ゴール

ゴール後、こんなパフォーマンスを見せてくれたつわもの女性も。
思わず目が釘付けになってしまいました。
ゴール

昨年は、仲間3人でゴールしました。中心の女性を守るように3人で手を取り合って
ゴールした様子を思い出します。
今年は、ちょっとさびしく一人のだけのゴールでしたが、本当にがんばりました。
ゴール

午後1時の制限時間30分前にゴールに入りました。一人でがんばりました。拍手。
ゴール

制限時間の25分前にゴールしました。
苦しい苦しい100キロでしたが、終われば笑顔です。
この後カメラが湿気のため、故障してしまいました。
ゴール
参加者の皆さん、途中リタイアした人も、がんばって完歩された方も
本当にお疲れ様でした。
今はまだ心身ともに癒しの時間でしょうが、悔しさ、感動を忘れずに
来年、またつくばでお会いできたら嬉しいです。

スポンサーサイト
21 : 02 : 50 | つくば100キロ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<日立アルプスの下見 | ホーム | 本番間近か>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/149-a1debc53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。