つくば100キロウォーク
2011 / 05 / 15 ( Sun )
つくば100キロウォークが間近に迫りました。
実行委員会の打合せの後、本番コースを歩いてきました。

スタートの関東鉄道筑波口駅前から歩き始め、後ろを振り返ると双耳峰の
美しい山容を見せる筑波山が見えます。右が男体山、左が女体山です。
山裾に向かい、まっすぐ伸びる道路は左がウォーキングコースのりんりんロード、
右が農道です。沿道の桜はすっかり葉桜になっていました。
歩き始め

スタートから約7キロを過ぎた小田地区でりんりんロードから離れ、
つくば古道コースに入り、一般道の歩きとなります。
つくば古道

旧家の立ち並ぶ古道を歩き、奈良、平安時代の役所跡である平沢官衛
(ひらさわかんが)
遺跡前で小休止します。ここにはトイレや飲料水の自販機もあります。
この先は、江戸時代には筑波山神社の参詣道として発展した神郡(かんごおり)地区
を通り抜けると、北に筑波山を仰ぎ見ながら、田んぼの中の農道の歩きとなります。
ここまで来ると、スタート地点の筑波口駅はもう間もなくです。
筑波山

関東鉄道筑波口駅に戻り、ここからは北に真壁、そして折り返し地点の
JR水戸線岩瀬駅に向かいます。
時間は午後5時を過ぎました。ここからは筑波山の男体山と女体山のピークが重なり、
一つの山のように見えます。
真壁方面へ

まっすぐ続くりんりんロードです。この時間になると、散歩やサイクリングを楽しむ人の
姿はめっきりと減り、ときおり犬の散歩で歩く人と行き会うだけです。
まっすぐ

まっすぐな道の両側は畑や田んぼが続きます。
夕暮れ

日没前の陽光が建物を照らします。
奥に見える山並みは、筑波山から足尾山、加波山へ連なる筑波山塊の山々です。
山並み

筑波では一時西の方向に灰色の雲が現れ、天気が心配でしたが、特に急変もなく
日没時にはこのような美しい夕焼けが見られました。
日没

8時40分に折り返し地点となる岩瀬に着きました。
このあと、真壁から筑波まで歩き、この日のウォークを60キロで終えました。
今回は本番と同じ100キロコースを歩くつもりでいたのですが、夜更けとともに、眠気に
襲われ、カエルの合唱が「かえれ、かえれ」と聞こえ、徐々にモチベーションが失せて
いきました。

今年、2回目となるつくばウォークは、昨年の5倍を越える350人以上の参加申し込みがありました。
当日はたくさんの人が夜を徹して歩き通します。
私が聞いたカエルの合唱「かえれ、かえれ」は「がんばれ、がんばれ」と聞こえるでしょう。
昨年のゴールでの感動を再び、スタッフ一同、見守っていきます。
岩瀬
スポンサーサイト
22 : 30 : 44 | つくば100キロ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<本番間近か | ホーム | 森の会観察会>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/147-2068e6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |