スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
東日本大震災の被災地に
2011 / 05 / 06 ( Fri )
東日本大震災での被災地へのお手伝いで、みたび被災地に向かいました。
今回はゴールデンウィークの連休中となります。
このため全国からボランティアが集まることが予想され、宮城県の被災地などは、
ボランティアの受け入れを制限したり、取りやめるボランティアセンターが
あるとの新聞報道がありました。
このため県外からのボランティアを受け入れるという、福島県とすることにしました。
今回は「つくば100キロウォーク」の実行委員会がホームページ上で参加者を募集
したところ、神奈川県を除く関東6県から7人が集まり、実行委員会とともに10人で
被災地に向かいました。

10人は私たち実行委員会3人の運転する車に分乗し、いわき市の夏井川渓谷キャンプ場に
集まりました。
ここをベースに明日、明後日と被災地の現場に向かいます。
幕営

翌日はいわき市の災害ボランティアセンターで受付です。
ボランティアセンター

受付前に時間があるので、近くの小名浜港に向かいました。
港では漁船が座礁したり、岸壁に乗り上げたりした状態です。
この日は小名浜港近くの民家での床下に堆積した津波で運ばれたヘドロの搬出です。
小名浜港

2日目はいわき市北部の久ノ浜での作業です。
この先の広野町は避難指示の出ている福島第一原子力発電所の20キロ圏内に入ります。
ここまで来ると常磐線は不通となっており、車体に青い線の入った見慣れた電車が
久ノ浜駅に停められたままになっていました。
この先、原発を抱えるこの地を常磐線が復活することはあるのでしょうか。

この地区では道路が狭いためでしょうか、家具など廃棄物は自宅の敷地内に搬出しました。
民家

ボランティアセンターから依頼のあったお宅での作業はお昼までに終えました。
このため、センターと連絡を取り、午後からは向かいのお宅での作業となりました。
このお宅のすぐ前は海です。海産物の加工場のように見えるこの辺は、1階部分が
津波で押し流されています。
津波

ボランティアセンター前で集合写真です。
参加者の皆さん、ご苦労様でした。
集合写真
スポンサーサイト
10 : 52 : 45 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<森の会観察会 | ホーム | 山菜採り>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/145-655dbc2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。