里山に春を求めて
2011 / 03 / 30 ( Wed )
運動不足解消と里山の早春の花を見たくて、常陸太田市の鍋足山を歩いてきました。

この時期、鍋足山ではよく見られるヒオドシチョウです。
成虫の姿で越冬するこの蝶は、冬眠から目覚めたばかりでしょうが、
ヒラヒラ、ヒラヒラとあちこちで優雅な舞を見せてくれました。
ヒオドシチョウ

ダンコウバイも芽吹き前の寒々とした里山を彩ります。
ダンコウバイ

雪割り草とも呼ばれるスハマソウです。年々個体数が少なくなっているような気がします。
スハマソウ

キンポウゲ科の花は美しい花が多いのですが、このスハマソウも例外ではありません。
守り続けたい里山の貴重な野草です。
スハマソウ

鍋足山付近から見る久慈山地を形成する山々を俯瞰します。
山
スポンサーサイト
20 : 01 : 31 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<2度目の被災地 | ホーム | 大震災の被災地に行ってきました。>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/135-91fd3ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |