大震災の被災地に行ってきました。
2011 / 03 / 29 ( Tue )
「つくば100キロウォーク」の仲間3人で、宮城県に駆けつけました。
津波被害の甚大な被災地では未だ混乱しており、県外からのボランティアを
受け付けているのはわずかです。その中の一つ、宮城県の塩竈市に行って来ました。

前日は、奈良・平安時代に陸奥国府が置かれたという多賀城史跡の駐車場に幕営し、
翌朝、ボランティアの受付となる塩釜市交流センターに向かいました。
受付時間には少し早いので、塩釜湾を見てきました。
ショッピングセンター前の道路にはボートが横倒しになっています。
ボート

ここには観光遊覧船が乗り上げています。
ボート

ボランティアセンターの受付風景です。
受付

この後、ボランティアの心構えなどの説明を聞き、グループごとに現場に向かいます。
途中の公園にはトイレや車が津波で流されたようです。
公園

ここにはまだ海水が残っています。塩釜に来て1週間になるという長野県から来た人の
話では、津波で海からたくさんのボラが打ち上げられたということです。
公園

このお宅は屋根のすぐ下まで津波が押し寄せていました。
家

私たち3人を含む7人で1グループとなり、被災された自宅に向かいました。
このお宅は塩釜湾沿いの港町にあります。
作業は津波で浸水した家具や畳などの搬出です。
地震前には毎日の生活で使われていたであろう、生活臭のある食器や、
家の中にあるほとんどのものを集積場に運びましたが、被災した家族の人たちの
ことを思うとつらい作業でした。
廃棄

最初の家の搬出作業が終わると、次の家に向かいました。
このお宅は2階まで、浸水していました。
津波は塩釜湾のへどろを運び、どの家も1階部分には大量のへどろが堆積しており、
泥だらけの作業となりました。
次の家

作業終了後、集合場所に向かう途中の様子です。
車

この駐車場のような空き地には、たくさんの車が流されてきたようです。
車

このような風景がいたるところで見られました。
車

東京にある会社の社員が仲間を募り、大型バスをチャーターしてボランティアに来ていました。
ボランティア

塩釜湾に係留されていた海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」です。
自衛艦

高速道路から見た仙台市宮城野区の田んぼの様子です。
津波で海水が入り、自動車や物置のようなもの、そのほか大量のガレキなどが
田んぼを覆っていました。
田んぼ
スポンサーサイト
20 : 57 : 08 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<里山に春を求めて | ホーム | 宮城の地震被災地に行ってきます。>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/134-ce06854d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |