スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
この時期にもこんな花が
2010 / 12 / 18 ( Sat )
犬の散歩をしながら裏山を歩きました。
草花や木々の多くはすでに葉を落とし、冬枯れの野山歩きです。
そんななかにも、ひねくれた? 野の花はがんばっていました。

ノコンギクです。その名の通り、野に咲く紺色の野菊です。
この花は早いところでは8月ごろから見ることができますが、
年末になっても見られるなんて、驚きです。
ノコンギク

オニノゲシです。この花は茨城新聞社発行の「茨城の野草」には開花期は
3~10月と書かれていますが、温暖な地方では一年中開花が見られるようです。
ここ茨城も温暖な地方なのでしょうか。
オニノゲシ

アワコガネギクは秋も深まると、山道に小さな花をびっしりとつけているのをよく見ます。
この時期でもこんなに元気に咲いていました。
アワコガネギク

おなじみのヒメジョオンですが、春先に咲くハルジオン区別している人は少ないようです。
子供のころにはなぜか貧乏草と呼んでいました。
キク科植物ですが、他の仲間と比べると冷遇されているように思えます。
ヒメジョオン

ノハラアザミです。この花も春に咲くノアザミと混同されているようです。
ノハラアザミ

フキノトウです。去年もこの場所で12月にフキノトウを見つけたので、今年も
注意して歩きました。今年もほんのわずかですが、フキノトウが出ていました。
フキノトウ
スポンサーサイト
22 : 08 : 18 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
<<裏山散歩 | ホーム | 畑に行きました>>
コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
http://yamazaru1203.blog75.fc2.com/tb.php/119-a63df1e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。