ブナ林で過ごした3日間
2017 / 08 / 08 ( Tue )
この3日間、山形県小国町の森を歩いてきました。
ここはもう10年以上前から、朝日連峰登山道整備のお手伝いで訪れています。

JR米坂線小国駅を過ぎ、五味沢から徳網の集落を過ぎ、しばらく森の中の
林道を走ると針生平 (はんなりだいら) に着き、車を停めます。
ここから大朝日岳方面への登山道に入ります。
すぐに、荒川に架けられた大石沢吊り橋を渡ります。
1大石沢吊橋

吊り橋を渡り、大石沢を越えると大石沢小屋です。
この小屋は、かつてはぜんまい小屋として使われていました。
2大石沢小屋

登山道を大朝日岳方面に向かうと、まもなく祝瓶山 (いわいがめやま) への
分岐があります。
祝瓶山は、ピラミダルな山容を見せる格好良い山です。
毎年、地元長井市が、市民登山を実施しています。
3祝瓶山分岐

「大朝日岳→」 と書かれた道標が見えます。
今は、ここからのルートを歩く人は少ないようです。
4大朝日岳道標

ブナの先に見える稜線は、新潟県村上市と山形県との県境尾根で、
袖朝日岳、西朝日岳から大朝日岳へと続く尾根です。
5ブナ林

登山道から周辺には、広大なブナの極相林が広がります。
ここは、豊かな森林生態系が残されている地域で、朝日山地森林生態系
保護地域に指定され、原生的な天然林が保護されています。
6ブナ林

二つ目の白布 (しらぶ ) 吊橋です。
吊橋のすぐ下流に、コンクリート構造物の潜り橋が造られています。
以前は、この構造物の上をピョンピョンと渡ることができたのですが、
コンクリートの一つが大雨時に流され、今は潜り橋を渡ることができません。
8白布吊橋

ブナ林の林床にはチマキザサが続きます。
このような笹は、毎年刈り払わないと道が塞がってしまいます。
チマキザサは、笹だんごを包む笹などに利用されています。
7登山道

三つ目の角楢 (かくなら) 吊橋です。
ここは1本の丸太の上を歩きます。
9角楢吊橋

角楢小屋に着きました。
この小屋は、何度もお世話になっています。
毎年の登山道整備では、角楢小屋や大石沢小屋、そして尾根上の蛇引きの
清水、祝瓶山からの赤鼻分岐など周辺をベースに、仲間とともに草刈りを
行ってきました。
一日の作業を終え、このテーブルで仲間とともに酌み交わす酒には、
楽しい思い出がたくさんあります。
10角楢小屋

角楢小屋から再びブナ林の歩きです。
7月の草刈り時に聞こえたエゾハルゼミの声が、今はエゾゼミの鳴き声に
変わっていました。
11ブナ林

登山道はいくつもの沢を横切ります。
冷たくておいしい水場です。
12沢

今回の目的の一つ、エゾアジサイが咲いててくれました。
青空のブルーと、4枚の大きな花弁をもつ装飾花が特徴で、
とてもさわやかな花です。
13エゾアジサイ

大玉沢吊橋です。この吊り橋の先は、平岩山から大朝日岳に続く尾根に乗ります。
今日はここで引き返します。
14大玉吊橋

2日目の宿は、小国町五味沢の白い森キャンプ場です。
隣の白い森交流センターりふれで、たっぷりかいた汗を流しました。
15キャンプ場

キャンプ場のすぐ上の山は、わらび山として整備されています。
斜面の樹を伐採し、ワラビを植えたのです。
16ワラビ山

キャンプ場脇には、清流荒川が流れています。
まるで、唱歌に歌われた故郷 (ふるさと) の 「兎追ひし かの山 小鮒釣りし
かの川」 の世界です。
このあと 「山は青き 故郷 水は清き 故郷」 と続きます。
17山や川
スポンサーサイト
09 : 10 : 49 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |