スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
海底火山の噴火の跡を歩く
2015 / 12 / 23 ( Wed )
茨城の自然100選を訪ねて、常陸太田市の鍋足山を歩きました。
鍋足山は、3つの岩山が突き出し、三本足の鉄製の鍋を伏せたような
形をしていることから、この名前がついたといわれています。
この鍋足山には、5つのハイキング道が整備されています。
今回は、常陸太田市役所里美支所のある大中から歩きました。

ハイキング道の多くは、スギやヒノキの人工林です。
1ハイキング道

樹林帯を抜け、山頂近くになるとごつごつとした岩肌の道になります。
この岩は、男体山火山角礫岩 (かくれきがん) と呼ばれます。
およそ1500万年前、日本列島の原型ができたとき、海底の裂け目に
噴出した海底火山の噴火により、火山角礫岩と溶岩が海水で急冷され、
砕けた安山岩質の角ばったれきを、火山灰が埋め、固まって硬い岩石と
なったものです。
2火山角礫岩

鍋足山山頂付近は、暖温帯落葉広葉樹林と呼ばれる気候帯で、落葉樹の
心地よい森となります。
3落葉樹林

これは紅葉時の同じ山頂付近です。
(2014年10月24日撮影)
4紅葉

3月になると、周辺はクスノキ科のダンコウバイの花が、山を黄色く彩ります。
(2011年3月30日撮影)
5ダンコウバイ

鍋足山山頂です。小さな祠が置かれています。
6鍋足山
スポンサーサイト
21 : 36 : 07 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
たくさんの学びに触れる県民の森
2015 / 12 / 19 ( Sat )
那珂市の県民の森は、明治100年を記念して昭和45年に開設しました。
広いエリア内には、森のカルチャーセンターや鳥獣センター、そして
隣接する植物園やきのこ博士館などの施設が揃い、森林・林業・草花・
野鳥などについて、総合的に学習ができます。

自然林をできるだけ残してつくられたという森の中には、森のカルチャー
センターが建てられています。
この施設ではは、自然とのふれあいや木に親しんでもらうため、森林や
林業に関するものを展示しています。
1森のカルチャー

県民の森はいくつものエリアに分けられ、ここ第一広場には樹冠を
大きく広げたコナラの木があります。
2第一広場

森の奥には松の見本林があります。
ここでは、国内の有名な松約30種が集められ、外国種を含め
5千本の松が林立しています。
3松見本林

ここはクヌギ・コナラの採種園です。
平成13年に、茨城県林業技術センターが建てた案内板を要約すると、
「原木シイタケの生産量で全国第2位の実績を持つ茨城県では、原木の
5割を他県から購入している。そこで自県産の優良な原木を生産することを
目的にこの採種園を造成した」と、書かれています。
しかし、平成25年農林水産省発表の実績では、原木シイタケの生産量は
茨城県は第9位に低下しています。
4採種林

鳥獣センターは、野生の鳥獣を保護し、手当をして、自然に帰すことを
目的につくられた施設です。
5鳥獣センター

禽舎 (きんしゃ) には、フクロウが保護されていました。
ここで回復後は、自然に帰されます。
6鳥獣センター
20 : 15 : 01 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
冬鳥の越冬地
2015 / 12 / 19 ( Sat )
茨城の自然100選を訪ねて、静 (しず) 神社から古徳沼 (ことくぬま) を歩きました。
那珂市の静神社の祭神は、織物の神様といわれています。
参道沿いには、樹齢数百年のスギの大木が天を突くように林立しています。
1静神社

拝殿と本殿の間には、クスノキの巨木も見られます。
かつては、拝殿前には樹齢千年を超えるスギが御神木として祭られて
いましたが、火災にあって枯れたとのことです。
2静神社

静神社のすぐ隣には、約2000本の八重桜をはじめ、ソメイヨシノ、ツツジ
などが植栽された、静峰ふるさと公園があります。
ここは、日立市のかみね公園・平和通りとともに、県内では2ヶ所の、
日本さくら名所100選に選定されています。
3ふるさと公園

冬鳥の越冬地として知られる古徳沼です。
農業用ため池である古徳沼は、昭和41年にハクチョウが初飛来しました。
その後地元の人による餌付けが成功して、年々飛来する冬鳥の数が
増えているようです。
4古徳沼

観光客が与える餌をおねだりするオオハクチョウのすぐそばには、
おこぼれを頂戴しようと、猫が狙っています。
5古徳沼
20 : 12 : 15 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
希少な岩石、長谷林道
2015 / 12 / 15 ( Tue )
ジオネット日立の勉強会で、常陸太田市の長谷林道を歩きました。
長谷林道は、常陸太田市から日立市に流れる茂宮川の、上流に位置します。
日立市郷土博物館特別専門員である、田切先生の解説を聞きながらの
沢歩きです。
1長谷林道

道沿いの地層は、白亜紀前期の花崗岩質礫岩を伴う堆積岩として
堆積したものです。白亜紀後期には変成作用受け、その後火成岩の
貫入も受けました。
2長谷林道

この林道で見られる主な地層には、雲母片麻岩の露頭があります。
写真の岩石は、蛇紋岩です。
また、コートランド岩と呼ばれる希少な岩石も見られます。
3蛇紋岩
21 : 05 : 36 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(3)  | page top↑
桜の名所、福岡堰
2015 / 12 / 12 ( Sat )
小貝川は関東平野を流れ、太平洋の注ぐ利根川の支流ですが、昔から
洪水が多く発生し、暴れ川として知られています。
つくばみらい市を流れる小貝川には、福岡堰があります。
周辺には、福岡堰さくら公園がつくられています。
1さくら公園

さくら公園には、子供の広場や大型の遊具がある多目的広場、展望広場
などが整備され、家族連れなどで賑わっています。
2さくら公園

小貝川と堰の間を流れる用水の堤には、1.8キロにわたり、約600本もの
ソメイヨシノが植えられ、桜の名所となっています。
3桜並木

福岡堰は、下流域の水田を潤す灌漑用水源となっています。
4福岡堰
20 : 38 : 54 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
都市部に近い野鳥観察ポイント
2015 / 12 / 12 ( Sat )
菅生沼は、坂東市と常総市の境界に位置し、南北に約5キロ、東西の
幅は約200~500メートルの細長い沼です。

今日は、キャンプ場方面から入りますが、なぜかゲートが閉まっています。
1あすなろの里

常総市が運営する、あすなろの里キャンプ場です。
管理棟らしき建物に人はおらず、利用客もいません。
周囲は閑散としていました。
あすなろの里のホームページには、「当園は、平成27年9月関東・東北
豪雨による避難所開設のため、一般の方のご利用を控えておりました
が・・・」 と書かれていました。
2キャンプ場

菅生沼は、茨城県の西部を南北に流れる仁連川 (にずれがわ) や飯沼川、
江川などの河川が合流してできた沼です。
3菅生沼

水辺のヨシ原は、冬を越すハクチョウやコハクチョウ、カモなどの
すみかとなっています。
4菅生沼

菅生沼自然環境保全地域に指定されている沼周辺は、ヤナギや
ハンノキなどの湿地特有の樹木が、生育しています。
5森

立ち木の間からは、茨城県自然博物館が見えます。
6自然博物館
18 : 36 : 29 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(3)  | page top↑
密林のような香取神社の森
2015 / 12 / 12 ( Sat )
茨城の自然100選を訪ねて、坂東市の香取神社を歩きました。
香取神社は、坂東市内にはなんと10ヶ所もあります。
その中で、100選に選定されているのは、坂東市莚打 (むしろうち) の中矢作
(なかやはぎ) 香取神社です。
神社に近づくと、スダジイなどの常緑樹が、まるで密林のように見えます。
1神社の森

神社に向かう石段を上ると、木の鳥居が建っています。
2木の鳥居

境内の東側は、ヤマザクラやシデなどの落葉樹です。
3落葉樹

境内の西側は、スダジイやタブノキ、モチノキなどの常緑樹です。
4常緑樹

神社周辺の森は、中矢作緑地環境保全地域に指定されています。
かつては、境内のほぼ真ん中に幹回り1.2メートルほどの大きな
ツバキの木があったようですが、すでに伐採されたのでしょうか、
見かけることはありませんでした。
5神社
17 : 34 : 36 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
筑波山清掃登山
2015 / 12 / 06 ( Sun )
茨城県山岳連盟が主催する、筑波山清掃登山に参加しました。
筑波山神社からケーブルカーの線路沿いの御幸ヶ原コースを、
登山道のごみを拾いながら歩きます。
途中、筑波山地域ジオパーク推進協議会や、自然保護団体の
関係者による、ジオや自然の解説を聞きます。
1筑波山

ケーブルカーの筑波山頂駅である御幸ヶ原には、たくさんの登山者や
観光客で賑わっていました。
北西方面の日光連山からは、男体山や冠雪した日光白根山が見えます。
3白根山

今年6月に縦走したの筑波の山々が見えます。
JR水戸線岩瀬駅から歩き始め、雨引山、燕山、加波山、足尾山、
きのこ山と歩いた筑波連山です。
4縦走路

筑波山神社近くで見かけた、スダジイの巨木です。
ごつごつとした幹からは、イロハモミジが寄生木であるかのように
根を張っていました。
2スダジイ

このブナは、筑波山の中でも最大級の大木で、樹齢数百年と
いわれています。
アガリコのようなものも確認できます。
5ブナ

紫峰杉 (しほうすぎ) と呼ばれるこのスギは、推定樹齢800年
とのことです。
四方に枝を伸ばしている様子から名づけられたのかと考えた
のですが、紫峰とは、筑波山を風雅に呼ぶ場合の呼び名で
あるそうです。
神域であるこの辺りは、木の伐採も許されないのでしょう。
6スギ
19 : 32 : 49 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
常陸太田市の生涯学習のお手伝い
2015 / 12 / 05 ( Sat )
今年、常陸太田市の生涯学習として、「大地の成り立ち講座」が
開かれました。
内容は、田切美智雄茨城大学名誉教授による講話と、ジオネット
常陸太田のインタープリターによる現地での移動学習です。

今日は、小木津山自然公園での移動学習ということで、ジオネット
日立のメンバーが現地でサポートしました。
1滝

解説は、ジオネット常陸太田のインタープリターで、田切先生が
補足の解説をしました。
ここ中央池では、ここはかっては珪石の採石跡であることを、
話していました。
2中央池

ここ小木津山自然公園は、1万本を超える植樹がなされていますが、
その中でもカエデ類が多いようです。
紅葉もすでに落葉しているものが多いのですが、ここではまだ残って
いました。
3カエデの散策路

不動滝では、地層の解説をしていました。

常陸太田市には、竜神峡などのジオスポットが数多く存在しますが、
地元を離れての見学会はどのように受け止められたでしょうか。
4不動滝
19 : 28 : 54 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。