オオシマザクラの好展望地を探して
2015 / 03 / 28 ( Sat )
オオシマザクラの好展望地を探して、4回目の周辺歩きです。
今日は、沢沿いの道路をはさんで大煙突と対峙する、高鈴町の山を
歩いてきました。
展望

日立鉱山の大煙突は、日立市民にとっては、その高さが1/3になろう
とも、煙突ではなく大煙突なのです。
大煙突

今日歩いた山は、典型的な里山ですが、今はほとんど歩く人もいない
ようです。
ウグイスカグラが咲いていました。子供の頃、赤く色づいた果実を
食べながら歩いた記憶があります。
ウグイスカグラ

この時期、小さな花ですが、黄色い花をつけたこの花は結構目に
付きます。
ダンコウバイですが、よく似た花にアブラチャンがあります。
ダンコウバイは花柄がないことで、区別できます。
ダンコウバイ

馬酔木と書かれるアセビです。有毒植物で、アセビの葉を食べた馬が
その毒で酔ったようになった、ということから名づけられたようです。
よく見るとスズランの花にも似た、可愛らしい花弁をつけています。
アセビ

ヒサカキは日立鉱山の煙害跡地に多く見られます。
普段は何気なく見過ごしてしまいますが、この時期よく見ると、小さな
クリーム色の花をびっしりとつけているヒサカキが見られます。
ヒサカキ

タケノコのように地面からにょきっと出ているのはミミガタテンナンショウ
です。
サトイモ科の植物で仏炎苞と呼ばれる花は、特異な形をしており、山の中
では良く目立ちます。
ミミガタテンナンショウ

薄いクリーム色のシキミは、果実に強い有毒成分を含み、劇物取締法
により、植物では唯一、劇物に指定されています。
仏教に関わりの深い植物で、仏前や墓前に供えられたりします。
シキミ


高鈴町
スポンサーサイト
21 : 01 : 15 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
春を感じる
2015 / 03 / 26 ( Thu )
東京では桜が開花し、こちら日立ではヒカンザクラ(緋寒桜)が満開です。
ソメイヨシノの開花は3月末になるようです。
裏山ではシュンランが開き、ショウジョウバカマもちらほら見られました。
ショウジョウバカマ

キブシもいち早く咲く花です。
まだ葉も花もない、枯れ木だらけのような林の中で、キブシは
よく目立ちます。
花のつき方がフジに似ており、別名をキフジとも呼ばれています。
キブシ

モミジイチゴも蕾を膨らませていました。
花の後の果実はキイチゴと呼ばれ、山歩きで見かけるとこの実をつんで
ほおばります。
しかし、ヤブ山歩きの時に痛い障害物として立ち塞がるのもこのモミジ
イチゴです。
まもなく白い5枚の花弁を展開するでしょう。
モミジイチゴ
18 : 36 : 07 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
墓参り
2015 / 03 / 22 ( Sun )
昨日、我が家の墓参りを済ませ、今日は妻の実家の墓参りに
行ってきました。
埼玉県浦和市にある曹洞宗大泉院です。
大泉院

いろいろな表情をした羅漢像が置かれています。
仏教上の聖者といわれています。
羅漢像

こちらには、福をもたらすといわれる七福神です。
七福神

花の鐘 つけばほゝ笑む 地蔵尊
花の鐘

たったひとりしかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに
生かさなかったら 人間生まれてきたかいがないぢゃないか
山本有三
たったひとりしかない自分を

少年易老學難成   一寸光陰不可輕
未覺池塘春草夢   階前梧葉已秋聲
(少年老い易く学成り難し  一寸の光陰軽んず可からず
未だ覚めず池塘春草の夢   階前の梧葉已に秋声)
少年易老學難成

帰依三宝  仏門に入って教えに従うこと
帰依三宝

南無帰依仏 南無帰依法 南無帰依僧  仏・法・僧
帰依三宝

墓地の中はハクモクレンが満開でした。
ハクモクレン

隣にはシデコブシ。日本固有種で、花の形がしめ縄につけられた
四手(紙垂)に似ているということから、名づけられたようです。
生育地の環境悪化により、レッドデータブックの準絶滅危惧の指定
を受けている地域があります。
シデコブシ

ソメイヨシノの蕾も膨らんでいます。間もなく開花でしょうか。
ソメイヨシノ
18 : 33 : 09 | ぶらり旅 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
続 オオシマザクラを探して
2015 / 03 / 21 ( Sat )
オオシマザクラの好展望地を探して、みたび歩いてきました。
今は閉鎖された、もとやま自然の村キャンプ場から入り、大煙突と
オオシマザクラの展望が良い場所を探します。

キャンプ施設などの建物が取り壊されたキャンプ場を過ぎると、
リョウブやオオバヤシャブシが茂る、心地よい道が続きます。
登山路

今日は、キャンプ場付近でもっとも標高が高く、道路を挟んで神峰山と
対峙する501mのピークに向かいます。
やがて道は不明瞭となり、モミジイチゴが道をふさぐようになりました。
枯れたモミジイチゴや、今年成長したモミジイチゴのトゲをかわしながら
歩きます。
ピーク近くなると尾根も不明瞭で、ヤマツツジやリョウブの猛烈なヤブの
中を強行突破します。
ヤブ

ここにも三角点がありました。先日の大白峰と同じ三角点と思われます。
国土地理院の三角点は、このピークには埋設されていないのですが。
やはり旧日立鉱山関係の地籍測量のためでしょうか。
ここからの展望は、ヤブの中で一切ありません。
三角点

神峰山から大煙突方面の山並みです。
桜の時期にはどのように彩りが変わるでしょうか。
展望

神峰山もこの方向から見ると、円錐形のいい山容です。
神峰山

大煙突と、その先に太平洋。これで白いオオシマザクラとピンクの
ヤマザクラがモザイク状に展開すればベストです。
大煙突


地図
17 : 22 : 25 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
オオシマザクラを探して
2015 / 03 / 14 ( Sat )
日立鉱山大雄院(だいおういん)精錬所(現JX日鉱日石金属)のすぐ西に
位置する山で、ピラミダルな山容を見せる大白峰を歩いてきました。
この山は13年前にも歩いていますが、今日はオオシマザクラの好展望地
を探すのが目的です。
県道36号日立山方線を走り、日立中央工業団地方面に入ります。
工場がなくなる奥まで進むと、ゲートがあり、ここに車を停めます。
ゲートの先には大白峰から派生している尾根があり、ここから尾根に
乗ります。
ここから

すぐに平坦地となり、この先はアオキの茂るヤブです。
ここから

びっしりと生育するアオキの中を歩きます。
アオキのヤブ

ここへバスで来るには「石灰山口」という停留所で下車します。
この辺りの地層は、古生代石炭紀の地層で大雄院層と呼ばれ、石灰岩など
からなる地層です。
建物跡が見られます。石灰石の採石に関わった、その跡でしょうか。
構造物

こんな大型の構造物も。
構造物

ヤブが切れて歩きやすくなりました。
尾根道

常緑樹が茂る尾根に、このような鮮やかなヤブツバキが見られます。
ヤブツバキ

ほとんどヒサカキが中心の尾根です。
尾根道

ササヤブが現れました。
スズタケに似ているのですが、稈が長くないので違うでしょう。
図鑑で調べると、交雑種のオモエザサのように見えるのですが、再び
行くことがあれば調べてみましょう。
ササヤブ

ヤブを過ぎ、やや急な斜面を登ると、大白峰のピークとなります。
ここには「三角」と書かれた花崗岩の標石が、埋められていました。
13年前に来た時にはなかったような気がするのですが。
ここ大白峰には国土地理院の三角点は設置されていません。
三角点に詳しい山仲間に問い合わせると、この三角点はおそらく
かつての日立鉱山か、現在のJX日鉱日石金属が設置した地籍測量
のための、三角点ではないか、とのことでした。
山頂

今は倒壊して1/3の高さになった大煙突が、すぐ先に見えます。
大煙突

ヤブツバキの先に見えるのは神峰山です。
神峰山

今日は、日立の産業遺産とも言える大煙突と、市の花であり、日本の
桜名所百選にも指定されている日立の桜、そのルーツとなった日立鉱山
の煙害対策、そのシンボルともいえる大煙突とオオシマザクラを、写真に
収めるにはどの場所がよいか、を探しての山歩きでした。
しかし、樹木にさえぎられ広い展望は望めないことが、確認できました。
4月の桜の季節まで、まだ他を歩いてみましょう。
大白峰
19 : 10 : 45 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
北茨城のジオサイトで遊びました。
2015 / 03 / 10 ( Tue )
ジオネット日立の仲間で、化石に詳しい角田IPの誘いを受けて、北茨城の
ジオサイトを歩いてきました。
平潟海岸

海岸線は、変化に富んだ海食崖が続きます。
平潟海岸

亀ノ尾層(カメノオソウ)と呼ばれる露頭です。
海底で砂や泥が堆積し、それが隆起して地上に現れました。
露頭

なんとも複雑な地層を形成しています。
露頭

葉っぱや貝の化石が見られます。
化石

ウミネコがすぐ近くで、カニをつついて食べていました。
ウミネコ

面白い文様ですが、珪藻土が堆積し、このようなきれいな縞模様を
つくりだしています。
珪藻土

近くではこのような面白い岩が見られます。
深海でメタンガスが噴出し、そこに貝などたくさんの生き物が集まります。
それらの生き物が吐き出す二酸化炭素が、海水に溶けているカルシウムと
反応し、硬い炭酸塩岩になり、地層の中に痕跡として残ります。それが隆起
して現れました。
この岩は、炭酸塩コンクリーションと呼ばれ、珍しいものです。
コンクリーション

東日本大震災で流出し、再建された六角堂が見えます。
岡倉天心が自ら設計し、ここで読書と思索にふけったといわれます。
六角堂
16 : 54 : 59 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
今年も大宴会
2015 / 03 / 08 ( Sun )
今年も、朝日連峰草刈隊茨城支部の慰労会が、岩間町の愛宕山天狗の森
スカイロッジで盛大に行われました。
愛宕山天狗の森スカイロッジ

県内各地から参集した草刈技術者、渓流魚捕獲名人などのおじいさんや
おじさん十数人、それにお兄さん、お姉さん若干名がロッジに集まりました。
大宴会

この日は特別ゲストとしてケーナとギターの一流演奏家?によるジョイント
コンサートが、宴会に花を添えてくれました。
一流プロによるジョイントコンサート

コンサートの様子は
18 : 13 : 51 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
鞍掛山から御岩神社へ
2015 / 03 / 05 ( Thu )
日立の鞍掛山から羽黒山、神峰山そして御岩神社まで往復してきました。
ハイキングコースの距離と、桜の樹木の確認です。
かみね公園の駐車場に車を止めました。ここからすぐに鞍掛山(くらかけやま)
のハイキングコースが、始まります。
鞍掛山入口

ここ鞍掛山は地元の人たちの手によって整備され、オオシマザクラなどの
植林を行っています。
「煙害を克服した大島桜を百年後に」と、書かれています。
オオシマザクラ碑

鞍掛山山頂です。この山は、以前は前方の山々と峰続きだったのですが、
団地造成のための道路新設で、ハイキング道は分断されました。
鞍掛山

神峰山方面への道は、一度道路に降りて再び登り返します。
左が道路、右が神峰山方面へのハイキング道です。
ハイキングコース入口

ヒサカキのトンネルです。稜線上にたくさん見られます。
ヒサカキのトンネル

ススキのカヤトなどが茂る間から、高鈴山山頂の電波塔群が見えました。
高鈴山遠望

羽黒山山頂です。
羽黒山

神峰山山頂から、東の太平洋側を俯瞰します。
中央には、かつては世界一の高さを誇った日立鉱山の大煙突が見えます。
日立遠望

神峰山の気象観測所は、日立鉱山の煙害対策として、ここで気象観測を
行ってきました。
気象観測所

神峰山山頂の神峰神社です。手前に拝殿、その奥に本殿です。
神峰神社

御岩神社です。今日は参拝せずに、ここで引き返しました。
御岩神社
20 : 42 : 50 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
もう春ですね
2015 / 03 / 01 ( Sun )
午後から雨の予報で、午前中に裏山を歩いてきました。
山の中には、ヤブツバキが咲いていました。
ヤブツバキは日本の固有種で、主に太平洋側に多く見られます。
よく知られた伊豆大島の椿とは、このヤブツバキです。
同じ固有種で日本海側に多いのは、ユキツバキがあります。
私がよく歩く山形県のブナ林には、ユキツバキの群生地があります。
これらヤブツバキやユキツバキからは、たくさんの園芸品種がつくられて
います。よく知られたワビスケは代表的な園芸品種です。
ヤブツバキ

今年も出ていました。
今日の散歩の主目的はこれを探すことで、この時期のお楽しみです。
今夜はフキノトウのテンプラとフキ味噌で一杯です。
フキノトウ
12 : 36 : 35 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |