不動の滝
2015 / 01 / 17 ( Sat )
日立市小木津の東連津川(とうれんづがわ)沿いの林道を歩きました。
ひたちの森病院近くに車を停め、歩きます。
今日は、不動の滝から石尊山まで、往復する予定です。

川沿いには、興味深いところが多くあります。
東連津川の河床や林道沿いに見られる岩石は、カンブリア紀の
変成花崗岩です。
また、江戸時代には東連津川の水は農業・生活用水として使われ、
水を引き込むための堰が18ヶ所、築かれています。
上流の「一の堰」近くには、「オマンダラ様」と呼ばれる梵字が刻ま
れた岩があり、ここで雨乞いをしたといわれています。
またここでは、火山活動が海中で起こっていたことがわかる、枕状
溶岩が見られます。
東連津川

この地では、佐竹氏の時代から金山開発が行われ、その後日立
鉱山による銅鉱石試掘のための坑口があけられています。
この穴もその坑口の一つです。
調査穴

不動の滝方面への分岐に向かうと、数台の車が止まっていました。
これはイノシシ駆除のためのハンターの車と考え、不動の滝に向か
うのはやめ、左方向の林道を歩きます。
イノシシ駆除

林道をしばらく歩くと、斜面が皆伐された森が現れました。
チェーンソーの音も聞こえます。
この場は躊躇しながらも、通り抜けました。
伐採

この先分岐となり、ここで小木津山自然公園方面に向かいます。
分岐

この日は風が強く、小木津山自然公園は訪れる人も少なく静か
でした。
公園に入ると、松ぼっくりのようなものが枝に付いた木がありま
した。この木は落葉樹のコナラで、松の木ではありません。
これはクラウンゴールと呼ばれ、植物のガンというべきものです。
土壌中の細菌が植物に感染し、こぶのようなものをつくらせます。
クラウンゴール

公園内には規模は小さいですが、梅林もあります。
白梅、紅梅が植えられていますが、紅梅が一足早く開花して
いました。
紅梅

東連津川



スポンサーサイト
17 : 29 : 36 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
気になっていた林道探索
2015 / 01 / 12 ( Mon )
日立アルプスを歩き、高鈴ゴルフ場を過ぎ、しばらくすると山の中に
突然林道が現れます。
これは林道芳立線で、防火や森林管理に供するための林道であり、
一般供用はしないでしょう。
この林道を歩いてみたいと思い立ち、出かけました。

ここは諏訪梅林です。水戸藩藩主徳川斉昭が造園したもので、園内
には約300本の梅が植えられています。
来月には咲き始めるでしょうが、今はつぼみも固い状態です。
諏訪梅林

左は常陸太田市方面、右は高鈴山方面への分岐です。
ここは右のかみすわ山荘方面に向かいます。
分岐

旧上諏訪小学校跡地につくられた宿泊施設で、市営のかみすわ山荘です。
かみすわ山荘

かってはヘラブナや鯉の釣り場として知られた諏訪ダムです。
今は立ち入ることはできません。
ダム湖

高鈴山方面に向かいしばらく歩くと、舗装された道路が現れました。
ここが林道芳立線の終点となります。
ここで林道に入ります。車は入ることはできません
林道入口

林道に入ると、いつ降った雪でしょうか、日当たりの悪い道には積雪が
見られます。凍結した道路もあり、滑らないよう気を使います。
林道

アニマル・トラッキングを楽しみます。
ノウサギの足跡がたくさん見られました。
ノウサギ

こちらはヤマドリの足跡でしょうか。
ヤマドリ

山並みの先には太平洋が見えました。
林道

全長4.25キロの林道歩きですが、墓地や民家が現れ一般道となり、
それも県道37号日立常陸太田線に合流しました。
県道を大平田(たいへいた)鉱山方面に向かいます。
大平田鉱山は石灰石の採石場であり、そのすぐ先に天然記念物に
指定された「諏訪の水穴」と呼ばれる鍾乳洞があります。
諏訪の水穴

帰り道、諏訪梅林で休憩しました。
なんと1月のこの時期、気の早いタチツボスミレが咲いていました。
タチツボスミレ
21 : 25 : 59 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
鵜の岬国民宿舎
2015 / 01 / 10 ( Sat )
家族で鵜の岬国民宿舎に宿泊しました。
この国民宿舎は、日本一宿泊利用率の高い公営の宿として知られて
います。
昨年末、期待しないで国民宿舎のホームページを開いたら、たまたま
一部屋空いており、すぐに予約しました。
鵜の岬国民宿舎

4階の部屋から見える夜景を撮りました。
碁石ケ浦と呼ばれる小さな入り江に月光が差し込んでいます。
この夜は、おいしい酒と料理をいただきました。
部屋から

翌朝、8階の展望風呂からの日の出です。
日の出

日の出をアップしてみました。
非常階段の安全柵がちょっと邪魔ですが、すばらしい日の出です。
日の出

部屋からの展望です。陽光が差し込み、茜色に染まっています。
太平洋の先、左側の阿武隈山地から右に五浦(いずら)の岬、
その先は福島県小名浜です。
展望
16 : 13 : 24 | ぶらり旅 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
新春歩き初め
2015 / 01 / 08 ( Thu )
この時期、山の歩き初めとして毎年恒例の日立アルプスを、今年も
歩いてきました。
自宅からしばらくの間、舗装された一般道路を歩き、風神山方面に
向かい山道に入ります。
風神山から真弓神社方面に向かうと、展望が開ける場所があります。
この日は遠く栃木の山々がはっきりと見えました。
左から日光連山、那須連山です。
日光那須連山

真弓神社を過ぎ、高鈴ゴルフ場に向かう手前で、山道を遮断するように
いきなり道路が現れました。
どのような目的で、こんな山の中に道路をつくるのでしょうか。
こんなところに道路が

高鈴山です。
寒々とした山頂には、年配の女性二人がいただけです。
高鈴山

羽黒山です。
高鈴山からここまでは誰一人行き交うことのない、静かな山歩きです。
羽黒山

小木津山自然公園に着きました。
時間は午後3時30分近くですが、山に囲まれているため、薄暗くなっていました。
小木津山自然公園

この日は自宅を朝の8時半に出て、しばらくの間一般道路を歩きます。
風神山近くから山道に入り、真弓神社、高鈴ゴルフ場、高鈴山に向かいます。
高鈴山山頂で簡単なお昼をとり、神峰山、羽黒山から小木津山自然公園、
そして常磐線小木津駅から電車に乗りました。
歩いた距離はほぼ30キロ、時間は7時間かかりました。
日立アルプス

10 : 58 : 42 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |