里山歩き
2013 / 04 / 27 ( Sat )
わが町、日立市の北部の山を歩いてきました。
ヤマザクラもほぼ終わり、林内は黄色いヤマブキ、赤いヤマツツジなどの
低木層の花が彩ります。
yamabuki

yamatutuji

しかし、林床に目をやるとタチツボスミレの群生など、野の花が
我が世の春というものや、ひっそりというものや、様々な自己主張を
繰り広げています。
tatitubosumire

ニオイタチツボスミレです。
花弁に鼻を近づけるとわずかな芳香を感じます。
nioitatitubosumire

マルバスミレです。
葉には毛が多く、以前はケマルバスミレと呼ばれ、毛がないのをマルバスミレ
と呼んでいたようですが、毛がないのはまれで、今では両方を含めマルバスミレ
とするのが主流となったようです。
marubasumire

ニョイスミレ(別名ツボスミレ)です。
小さく弱々しい感じがします。
nyoisumire

アケボノスミレです。
比較的大きな花弁を広げ、葉が内側に巻くようにつくのが特徴です。
akebonosumire

エイザンスミレです。
スミレらしからぬ葉が特徴です。
eizansumire

マキノスミレです。
植物学者の牧野富太郎博士の名がつけられています。
幅の狭い三角形の葉先が立ち上がっています。
makinosumire

これはスミレではありません。ツクバキンモンソウです。
筑波山で初めて確認されたことから名づけられました。
tukubakinmonsou

ヤマエンゴサクです。
気をつけていないと見過ごしてしまいそうな小さな花です。
yamaengosaku








スポンサーサイト
16 : 42 : 01 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |