秘密基地で植物観察
2012 / 04 / 30 ( Mon )
イチリンソウが見たくて今年も秘密の場所に行ってきました。
古い植物図鑑を見ると、私の住む茨城県内でも結構見られたようですが、
今はほとんど見ることができません。
この場所にはここのところ毎年のように通っています。
イチリンソウ

ニリンソウです。この花は山の中や民家の近くなど、あちこちで見ることができます。
今年4月には北海道で毒草のトリカブトをニリンソウと間違えて食べて、死亡事故が
起きています。
ニリンソウ

アジサイと同じユキノシタ科のヤマネコノメソウです。
花期が終わり果実の中には茶色の種子が見えます。
果実の中にカメムシが入っているのをよく見かけますが、おいしい果汁でも
あるのでしょうか。
ヤマネコノメソウ

シソ科のカキドオシです。この花は雑草のように路傍などで見かけますが
カキドオシ

ケシ科のジロボウエンゴサクです。
花弁の後ろに突き出ているのはスミレと同じ蜜腺のある、距(きょ)と呼ばれるものです。
ジロボウエンゴサク

これもケシ科のムラサキケマンです。
ムラサキケマン

野菜でおなじみの4枚の花弁を持つアブラナ科のコンロンソウです。
コンロンソウ

セリ科のセントウソウです。葉がセリによく似ています。
セントウソウ

ナデシコ科のミヤマハコベです。花弁は5枚ですが、それぞれの花弁が深く
切れ込んでおり、花弁が10枚あるように見えます。
雑草のように扱われることがあるハコベと比べ、花弁が大きいのでよく目立ちます。
ミヤマハコベ
スポンサーサイト
21 : 13 : 34 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
筑波山塊の山歩き
2012 / 04 / 29 ( Sun )
筑波山塊の南端に位置する宝篋山から尖浅間山を歩いてきました。
表筑波スカイラインの道路わきに車を止め、このゲートから入ります。
宝篋山入口

新緑とヤマザクラがモザイク状に広がり、まさに春爛漫の感です。
春爛漫

宝篋山山頂です。この大きな電波塔は遠くからでも目に付きます。
宝篋山山頂

山名の由来となった宝篋印塔と呼ばれるもので、中国から伝わった
仏教建造物です。
宝篋山山頂

山頂からは双二峰の筑波山が見えます。
宝篋山から筑波山

宝篋山から尖浅間山(とがりせんげんやま)に向かいます。
宝篋山への登山道は地形図に書かれてはいませんが、何本もの登山道が
整備されています。
尖浅間山へ

尖浅間山山頂です。
筑波山塊と呼ばれるこの付近の山は深成岩と呼ばれ、マグマが地中深くで
ゆっくりと冷やされて固まったもので、花崗岩やはんれい岩です。
尖浅間山山頂

帰り際、休憩していると立ち枯れたようなコナラの木にたくさんのこぶの
ようなものがついているのが気になりました。
これはカビの一種である糸状菌がコナラにとりつくこぶ病といわれるものです。
コナラのこぶ病

今日はゆっくりと植物を観察しながらの歩きです。
筑波で最初に発見されたというツクバキンモンソウです。
ツクバキンモンソウ

これも筑波の名を冠したツクバトリカブトです。
ツクバトリカブト

ジュウニキランソウです。
ジュウニヒトエとキランソウの自然交配種で、上記のツクバキンモンソウ
と同じシソ科の植物です。
ジュウニキランソウ

ナツトウダイです。有毒植物です。
ナツトウダイ

鼻先から釣り糸をたらしたような長いひげが目に付くウラシマソウです。
浦島太郎から名づけられたとのことです。
ウラシマソウ
20 : 46 : 03 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
つくば100キロ実行委員会打合せ
2012 / 04 / 22 ( Sun )
1ヶ月後に迫った「つくば100キロウォーク」。実行委員会の打合せで
「筑波ふれあいの里」に宿泊してきました。

「ふれあいの里」に向かう農道から見た筑波山です。どんよりとした空で
山は霞んで見えます。
田んぼはよく耕されており、近いうちに水が張られるでしょう。
田植えももうすぐです。
筑波山

ロッジでは山部さんが自慢の腕を振るいます。
この日の夕食はキノコスパゲッティです。
この後深夜まで打合せと、山の話題で盛り上がりました。
朝食

朝の「ふれあいの里」ロッジです。
ロッジ

ロッジからは筑波山麓を歩く散策路につながります。
散策路

色鮮やかなクサボケが咲いていました。
クサボケ
18 : 57 : 31 | つくば100キロ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
花貫渓谷ジオツアー
2012 / 04 / 15 ( Sun )
茨城県ジオパークインタープリター高萩主催のジオツアーハイキングに参加しました。
高萩市の「花貫ふるさと自然公園」に集合です。
花貫ふるさと自然公園

この日の参加者は一般参加者30人、インタープリター6人です。
受付後、説明や体操で体をほぐし、さくら公園に出発します。
説明

ダムの堤頂から、周辺の地質や花貫ダムの解説をします。
花貫ダム

めがね橋と呼ばれる国指定の有形文化財です。
この橋は近くの水力発電所に導水するための水路で、今も現役で水を流しています。
めがね橋

名馬里ヶ淵(なめりがふち)です。
馬と大蛇の関わる昔話が伝えられています。
名馬里ヶ淵

名馬里ヶ淵から「花貫ふるさと自然公園」に戻ると、地元の人たちが
野点や、名馬里ヶ淵にかかわる民話の朗読会でもてなしてくれました。
野点
21 : 06 : 04 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
裏山散歩
2012 / 04 / 08 ( Sun )
今年の桜の開花は遅れていますが、裏山の春を訪ねて歩いてきました。
ショウジョウバカマです。
花の色は変化が多いのですが、この付近ではほとんどがピンクでした。
ショウジョウバカマ

これも淡いピンクのかかったイワウチワです。
イワウチワ
17 : 59 : 15 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
さくらマラソン
2012 / 04 / 08 ( Sun )
日立さくらロードレースを走ってきました。
昨年は東北大震災で中止になり、2年ぶりのさくらマラソンです。
今年は桜の開花が遅く、日本の桜100選に選定されているここ日立市の
平和通りでは、開花まであと数日というところでしょう。
私が走ったハーフマラソンには3000人程度の参加者でしょうか。

スタート地点の平和通りです。
スタート前

スタート後、約11キロの地点です。
太平洋に架かる高架道路で自動車専用道ですが、この日ばかりは
ランナー専用道となります。
磯の香りとさわやかな風を感じながら、この先折り返し点となる
日立市の卸売市場に向かいます。
海岸道路

卸売市場で折り返し、19キロ付近です。
海岸道路

ゴールの日立シビックセンターです。
走り終えたランナーや応援する人たちでごったがえっていました。
ゴール後
17 : 55 : 45 | 有酸素運動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
つくば練習会
2012 / 04 / 01 ( Sun )
つくば100キロウォーク本番前の練習会を開催しました。
今年度3回目の練習会には40人を超える参加者が筑波に集まりました。
受付

参加者全員での出発前集合写真です。
集合写真

今回のコースは筑波古道です。ここは当日、第一ステージとなる道で
このコースだけはりんりんロードから外れます。
左手すぐに筑波山の双二峰を眺めながら、田園風景の中の農道のような
道を歩きます。
前方には筑波連山の山々が広がります。
古道に向かう

六所の大仏から筑波山を望みます。
この大仏は個人が建立したとのことです。
六所大仏

筑波古道の古い町並みが残る道を歩きます。
筑波古道

平沢官衙遺跡(ひらさわかんがいせき)です。
奈良時代の役所で、国指定の文化財です。この先にも筑波山が。
平沢官衙遺跡

筑波古道を約13キロ歩き、りんりんロードに入り、筑波に戻ります。
りんりんロード

りんりんロードとその先に筑波山です。
東京では3月31日の昨日、桜の開花が宣言されました。
ここ筑波のりんりんロードでは、沿道には市民が寄贈した桜並木が延々と
続いています。今日は暖かい陽気ですが、開花は数日後でしょうか。
当日もこのようなすばらしい天気に恵まれることを願います。
筑波に向かう
18 : 15 : 05 | つくば100キロ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |