春を見つけました。
2012 / 03 / 25 ( Sun )
犬の散歩をしながら裏山を歩きました。
濃い緑の中に5枚の花弁が鮮やかなヤブツバキです。
ヤブツバキ

沢ではクレソンが。
クレソン

水溜りにはオタマジャクシが。
ニホンアカガエルかヤマアカガエルか、卵での同定は難しいのですが
周囲の環境から考えるとヤマアカガエルの卵でしょうか。
カエルに成長したころ見られるとよいのですが。
オタマジャクシ

日当たりのよい斜面ではタチツボスミレが咲き始めました。
タチツボスミレ

我が家の庭ではキクザキイチゲが咲いていました。
キクザキイチゲ
スポンサーサイト
12 : 55 : 48 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
森林・林業公開講座
2012 / 03 / 23 ( Fri )
笠間で行われた関東森林管理局主催の「森林と水の謎を解く」と題した
公開講座に参加してきました。
最初に森林技術センター専門官の研究発表、その後に森林総研の
上席研究員の講演です。
森林への降雨がどのような過程を経て海に注ぎ、あるいは蒸発、
蒸散して、再び降雨となって循環するかというような内容です。
森林講座
19 : 52 : 46 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
角楢小屋仲間との懇親会
2012 / 03 / 18 ( Sun )
角楢小屋山さんの呼びかけで、城里町の野外総合活動センター「ふれあいの里」
での懇親会に参加してきました。
メンバーの多くは、朝日連峰角楢小屋を基点に毎年8月、登山道整備活動している
仲間たちです。

山好きな人の集まりということで、自然愛好家で酒好きな連中ばかりです。
宴

テーブルにはビール、日本酒、焼酎、ワインなどのエタノール類に
鰹のたたき、イカ刺しなどが次々と並びます。
おいしい銘酒もいただきました。
名酒

ギターの名手ナルシソ・イエペスばりの名演奏で、体内に蓄積されたエタノール
で失われつつある五感を呼び覚ましてくれます。
名演奏

山さんも演奏会に飛び入り参加。何をやっても器用な山さんです。
山さんも

奥では高田シェフがまたなにやらうんちくを傾けているようです。
高田さんも

翌、日曜日は墓参りの予定があり、一足先にロッジを後にしました。
山さん、高田シェフ、今年もご苦労様でした。
朝のロッジ
17 : 53 : 28 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
県北生涯学習センターサポーターの集いに参加しました。
2012 / 03 / 18 ( Sun )
茨城県の生涯学習に携わるサポータの交流会が、日立市十王の県北
生涯学習センターで行われました。
私はサポーターとしての登録はしていませんが、森林インストラクター、
茨城県ジオパークインタープリター、そして山歩きの知識、経験を生かして
生涯学習のお手伝いができればと考え、今回の交流会に参加しました。

今日は参加者で8チームに分かれ、ユニカールと呼ばれる室内スポーツを
楽しみました。
ちなみにユニカールとはユニバーサル・カーリングの略称とのことです。
ユニカル
17 : 52 : 17 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
磐梯山イエローフォールスノーシュートレッキング
2012 / 03 / 11 ( Sun )
会津磐梯山のふもとにあるイエローフォールに行って来ました。
今年初めてのスノーシュートレッキングです。
裏磐梯スキー場の2台のリフトを乗り継ぎ、終点から歩き始めます。
スノーシュートレッキング

積雪期のこの時期だけ歩くことのできる銅沼(あかぬま)付近です。
磐梯山山頂には雲がかかっています。
磐梯山

イエローフォールです。磐梯山に降った雨は伏流水となり、時間を掛けて外部に
滲みだしてきます。このときに地中の硫黄や鉄分がこの伏流水に含まれ、雪や
氷に入り込み、このように黄色く見えるのです。
イエローフォール

帰りには青空が広がってきました。
磐梯山
22 : 01 : 04 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
城里町の白雲山と水戸の朝房山
2012 / 03 / 04 ( Sun )
東茨城郡城里町にある真言宗小松寺の山号となっている白雲山を
歩いてきました。山道は自然環境保全地域となっています。
この付近は落葉広葉樹の林で、スダジイ、シラカシ、ヒサカキ、また
県北ではほとんど見ることのできないアラカシやサカキも見られました。
白雲山

その後、水戸市の朝房山を登りました。
地域信仰の山として今でも付近の人に守られているのでしょうか。
山頂はよく整備されています。
朝房山
17 : 05 : 20 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
笹薮の中の萱山歩き
2012 / 03 / 03 ( Sat )
里美観光協会のガイドマップに書かれた萱山(標高420.3m)を歩いてきました。
山頂に続く尾根にはアズマネザサがびっしりと生育し、進路をふさぎます。
萱山
17 : 03 : 11 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |