2度目の被災地
2011 / 03 / 31 ( Thu )
4月1日から3日まで、震災後2度目の宮城に
行ってきます。
前日は塩竈市でしたが、今回は石巻市の予定です。
スポンサーサイト
20 : 57 : 01 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
里山に春を求めて
2011 / 03 / 30 ( Wed )
運動不足解消と里山の早春の花を見たくて、常陸太田市の鍋足山を歩いてきました。

この時期、鍋足山ではよく見られるヒオドシチョウです。
成虫の姿で越冬するこの蝶は、冬眠から目覚めたばかりでしょうが、
ヒラヒラ、ヒラヒラとあちこちで優雅な舞を見せてくれました。
ヒオドシチョウ

ダンコウバイも芽吹き前の寒々とした里山を彩ります。
ダンコウバイ

雪割り草とも呼ばれるスハマソウです。年々個体数が少なくなっているような気がします。
スハマソウ

キンポウゲ科の花は美しい花が多いのですが、このスハマソウも例外ではありません。
守り続けたい里山の貴重な野草です。
スハマソウ

鍋足山付近から見る久慈山地を形成する山々を俯瞰します。
山
20 : 01 : 31 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
大震災の被災地に行ってきました。
2011 / 03 / 29 ( Tue )
「つくば100キロウォーク」の仲間3人で、宮城県に駆けつけました。
津波被害の甚大な被災地では未だ混乱しており、県外からのボランティアを
受け付けているのはわずかです。その中の一つ、宮城県の塩竈市に行って来ました。

前日は、奈良・平安時代に陸奥国府が置かれたという多賀城史跡の駐車場に幕営し、
翌朝、ボランティアの受付となる塩釜市交流センターに向かいました。
受付時間には少し早いので、塩釜湾を見てきました。
ショッピングセンター前の道路にはボートが横倒しになっています。
ボート

ここには観光遊覧船が乗り上げています。
ボート

ボランティアセンターの受付風景です。
受付

この後、ボランティアの心構えなどの説明を聞き、グループごとに現場に向かいます。
途中の公園にはトイレや車が津波で流されたようです。
公園

ここにはまだ海水が残っています。塩釜に来て1週間になるという長野県から来た人の
話では、津波で海からたくさんのボラが打ち上げられたということです。
公園

このお宅は屋根のすぐ下まで津波が押し寄せていました。
家

私たち3人を含む7人で1グループとなり、被災された自宅に向かいました。
このお宅は塩釜湾沿いの港町にあります。
作業は津波で浸水した家具や畳などの搬出です。
地震前には毎日の生活で使われていたであろう、生活臭のある食器や、
家の中にあるほとんどのものを集積場に運びましたが、被災した家族の人たちの
ことを思うとつらい作業でした。
廃棄

最初の家の搬出作業が終わると、次の家に向かいました。
このお宅は2階まで、浸水していました。
津波は塩釜湾のへどろを運び、どの家も1階部分には大量のへどろが堆積しており、
泥だらけの作業となりました。
次の家

作業終了後、集合場所に向かう途中の様子です。
車

この駐車場のような空き地には、たくさんの車が流されてきたようです。
車

このような風景がいたるところで見られました。
車

東京にある会社の社員が仲間を募り、大型バスをチャーターしてボランティアに来ていました。
ボランティア

塩釜湾に係留されていた海上自衛隊の訓練支援艦「くろべ」です。
自衛艦

高速道路から見た仙台市宮城野区の田んぼの様子です。
津波で海水が入り、自動車や物置のようなもの、そのほか大量のガレキなどが
田んぼを覆っていました。
田んぼ
20 : 57 : 08 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
宮城の地震被災地に行ってきます。
2011 / 03 / 25 ( Fri )
3月26日から東北太平洋沖地震で最大の
被災地となった宮城県に行ってきます。
県外からのボランティア受け入れを表明
している松島町か塩釜市に行く予定です。
少しでも被災された方々のお役に立てるよう、
がんばってきます。
18 : 57 : 17 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
裏山を歩いてきました。
2011 / 03 / 18 ( Fri )
東北地方太平洋沖地震の影響でガソリンが手に入りにくくなっています。
近くの移動はもっぱら自転車か、徒歩です。
車移動での山歩きは控えているので、今日は自宅からの裏山歩きです。
地図を手に、初めての山を歩きをしました。

山歩きの対象として歩く人はまずいないと思う山ですが、踏み跡はかすかにあります。
植生は日立の山に多い、ヒサカキやアカマツなどです。
尾根沿いの林床に潅木は茂っておらず、歩きやすくなっています。
1裏山

2時間後、しばしの尾根歩きから外れ、採石場などの展開する平地の歩きとなります。
こんなものを見つけました。ニホンアカガエルの卵です。
春を感じ嬉しくなりました。
2裏山

しばらく歩くと、これは決定的な春の発見です。
驚きました。タチツボスミレ、もう咲いているんだ。
3裏山

オオイヌノフグリはあちこちで見られます。
4裏山

フキノトウも大きくなっていました。
また、この日はウグイスの初鳴きも聞くことができました。
5裏山

帰りの道には、先の地震で落ちてきたのでしょうか、こんな大きな石が。
6裏山
この日の歩行距離は9km、時間は3時間30分でした。
20 : 34 : 40 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
風呂水汲み
2011 / 03 / 16 ( Wed )
地震発生から5日を過ぎましたが、いまだ断水が続いています。
この間、お風呂には入ってないので近くの沢から水を汲み上げました。

我が家は阿武隈山地の南端近くに位置します。
家の裏から下の杉林に入ります。
1風呂水汲み

杉林の中の沢道を下ります。
2風呂水汲み

斜面をトラバースします。
3風呂水汲み

この斜面を下ると、林道に出ます。
4風呂水汲み

この林道を歩きます。
5風呂水汲み

途中、このような採石場があります。
6風呂水汲み

この少し先にこのような水場があり、この水をポリタンクに入れます。
少し濁っていますが、5日ぶりのお風呂であり、ぜんぜん気になりません。
7風呂水汲み
この日は登山用の70リッターのザックにポリタンク2缶を入れ、水場から家まで
6往復しました。
ザックの重量は46kgあり、震災でなまった体にはいいトレーニングになりました。
17 : 35 : 39 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
河原子海岸
2011 / 03 / 13 ( Sun )
「東北関東大震災」から2日後、大津波警報が津波注意報に変わったのを受けて、
自転車で河原子海岸に行ってきました。
海岸にはタンクのようなものが打ち上げられています。
河原子の震災タンク

コンクリートの縁石が倒れて、津波の力を思い知らされます。
2河原子海岸

海岸沿いには旅館や民宿が立ち並びますが、この付近は1階部分に押し寄せたようです。
3河原子海岸

津波の引き波に押し流され、その後、岸に打ち上げられたのでしょうか、
トラックが波打ち際に浸かっています。
4河原子海岸

ここにもタンクのようなものが、打ち上げられています。
5河原子海岸

海岸に面し、魚料理で知られた「食いもの屋ぎょえん」です。
6河原子海岸

市役所に設けられた給水場所には行列が延々と続いていました。
7河原子海岸
next
17 : 29 : 36 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
津波
2011 / 03 / 11 ( Fri )

2011年3月11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とする
「東北関東大震災」が発生しました。
この震災で亡くなられた方々、被害に遭われた方々に哀悼の
意を表すとともに、1日も早い復興を祈願いたします。
 
 

この地震直後、どうしても欠かせない用事で隣町の東海村に出かけました。
帰りに海岸際の高台に立ち寄って海の様子を見ました。
先ほどの地震で、がけの縁には大きな亀裂が走っています。


津波 


日立港に目をやると、堤防で囲まれた漁船の係留されている湾内の海水位が
異常に高くなっています。
津波

魚市場や、夏には海水浴客の駐車場となるこの場所にも海水が
押し寄せています。
津波

津波が押し寄せ、堤防が見えなくなりました。
津波

以前は海釣ファンに知られた日立港沖堤防も上部まで海水が上昇しています。
津波


17 : 25 : 24 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
大賑わいの偕楽園
2011 / 03 / 05 ( Sat )
ふと思い立って、「梅祭り」開催中の偕楽園に行ってきました。
ここは、子供たちがまだ小さかったころ行ったきりです。
水戸の偕楽園は日本三公園といわれますが、近くの人間は意外と行かないもので
私も20年以上訪れていません。
偕楽園

ここ偕楽園には約100品種、3000本の梅が植えられています。
これだけの規模の梅園ですから、つぼみや満開や終わりかけている花もあります。
梅の花

ここは芝生が敷き詰められた広場です。お弁当を広げるにはもってこいの場所で
この日も家族連れなどで賑わっていました。
広場

好文亭は水戸藩第9代藩主徳川斉昭が休憩所として建てたものです。

好文亭

芝生の広場から見えるのは千波湖です。
水戸市民の憩いの場で1周3キロの周囲は散歩やジョギングを楽しむ人で
賑わいます。
遠景
21 : 26 : 54 | ぶらり旅 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |