つくば80Kウォークの打合せと下見
2010 / 04 / 25 ( Sun )
5月末の「つくば80キロウォーク」の実行委員会の会議で筑波に行ってきました。
24日は「つくばふれあいの里」のコテージを借り、担当する係りや当日の行動を確認。
なにせ初回のイベントであり、手探りの作業ですが、このイベントを成功させるべく、
我々実行委員がんばりますので、参加者の皆さんにはご協力よろしくお願いします。

25日は自転車で下見をしました。
コースとなる「つくばりんりんロード」は、かつて土浦と岩瀬とを結んでいた
筑波鉄道線路跡地を、自転車道として整備したもので、自動車の通行は禁止されて
おり、安全に歩くことができます。

ここは「80キロウォーク」のスタート・ゴール地点となる「筑波休憩所」です。
当時のホームが残されており、休憩所として利用されています。
右側の道が「りんりんロード」で、前方が土浦方面です。
筑波

同じ場所から、岩瀬方面を見ます。沿道には多くの品種の桜が植えられています。
この付近はソメイヨシノで、この時期すでに葉桜になっていました。
筑波

土浦方面に向かい、途中振り返ってみた筑波山です。
周囲の田んぼは田植え前の準備が進んでいます。
筑波

この桜は満開でした。
筑波

ここは国の史跡として指定された「小田城跡」です。鎌倉時代から続く当時この地方に
大きな勢力を持った「小田家」の城跡です。
りんりんロードはこの城の外周を回ります。
小田城

ここからは左に筑波山、右に宝篋山(ほうきょうさん)を望みます。
筑波山と宝鏡山

途中寄り道をしました。
ここも国指定史跡である「平沢官衛(ひらさわかんが)遺跡」です。
これは奈良、平安時代の役所跡です。
かんが遺跡

これらは高床式の倉庫です。
かんが遺跡

税として納められた米などを納める倉庫と考えられているようです。
かんが遺跡


真壁方面から見た筑波山です。実行委員である仲間とともに、意味のある2日間でした。
「つくば80キロウォーク」当日も、このような素晴らしい天気であるように。
筑波と桜
スポンサーサイト
21 : 37 : 37 | つくば100キロ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
小木津山自然公園
2010 / 04 / 18 ( Sun )
先週の探鳥会に続き、再び小木津山自然公園を訪ねました。
今日はスミレを探して歩きます。
やはり一番多いのは、タチツボスミレであちこちに咲いていました。

これはニオイタチツボスミレです。
タチツボスミレに比べ、花弁の紫が濃く、花弁中央の白がはっきりとしています。
花弁に花を近づけると、ほのかによい香りがします。
ニオイタチツボスミレ

マルバスミレです。1ヶ所に群生していました。
マルバスミレ

マキノスミレです。この花は小さく、うっかりしていると見逃してしまいそうです。
マキノスミレ

ヒトリシズカです。白くブラシのように見えるのは雄しべです。
マルバスミレと混生して咲いていました。
ヒトリシズカ

ホウノキの芽燐が役目を終え、落下しようとしています。
ロケットが発射後、しばらくして補助ロケットを切り離すようです。
ホウノキ

この日は不動の滝まで足を伸ばしました。
不動の滝




19 : 29 : 42 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
小木津山自然公園
2010 / 04 / 11 ( Sun )
今日は日本野鳥の会の小木津山自然公園探鳥会です。
ヤマザクラの枝の間にエナガの巣を見つけました。この巣には抱卵した親鳥がいるそうです。
今日はこのほかに、コゲラ、ツグミ、シメ、アオジなど十数種の野鳥を観察しました。
それにしてもベテラン会員の人たちの、その博識ぶりには驚きます。
探鳥会

1週間前、日立さくらまつりのメイン会場であり、歩行者天国でにぎわった駅前道路です。
日本さくら名所100選に選定されています。
ちなみに茨城県ではこの100選には、ここ日立と那珂市の静峰ふるさと公園の2ヶ所です。
サクラ

1週間前に公開された国指定の重要有形民俗文化財であり、重要無形民俗文化財でもある日立風流物です。
高さが15mもある大きな山車の上で演じられる操り人形の芝居です。
風流物
21 : 15 : 53 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
裏山散歩
2010 / 04 / 10 ( Sat )
毎年この時期になると、サクラとともに野山の花が気になります。犬の散歩で裏山を歩いてきました。

歩き出してすぐに見つけました。ショウジョウバカマです。あちこちに咲いています。
ショウジョウバカマ

私の好きな花です。
ショウジョウバカマ

その先はイワウチワの群生地です。
イワウチワ

今年のイワウチワは、花も葉も元気です。
イワウチワ

ミヤマカタバミの中に、ヤブツバキの花が落ちていました。
ミヤマカタバミ

ニリンソウの開花はもう少し先のようです。
イチリンソウ

せり科のセントウソウです。花が小さく、デジカメでピントを合わせるのはむずかしい。
セントウソウ

ネコノメソウも咲き始めました。
ネコノメソウ
21 : 55 : 24 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
ひたちさくらロードレース
2010 / 04 / 04 ( Sun )
日立さくらロードレースに参加し、ハーフマラソンを走ってきました。
このイベントには、地元に住みながら今回が初参加です。

会場となっている「日立シビックセンター」です。
このイベントは、「日立さくらまつり」に合わせて開催されるため、この周辺は大変混雑します。
ロードレースの開会式やゴールとなる、ここもたくさんの人で混雑しています。
シビックセンタースタート会場

スタート前の先頭の様子です。
ラジオの女性アナウンサーが、スタート前の様子をリアルにアナウンスし、盛り上げます。
スタート前

サクラはこんな様子です。寒い日が続いたので開花が遅れているようです。
サクラの開花状態

スタート後4キロくらいの地点です。
コース上で

この先の折り返し地点から、先頭集団が折り返してきました。
一度でいいから白バイの先導で走ってみたいものです。
先頭集団

このあと後続の集団が折り返してきます。
折り返しグループ

かわいらしい応援団が声援を送ってくれました。
応援

レースも後半に入ると、道は日立バイパスの海上高架道路となります。
早くもトップが折り返し、戻ってきました。彼は後1キロでゴールです。
先頭

ここは自動車専用道路で、普段は歩行者や自転車は立ち入ることができませんが、この日ばかりは特別です。
海岸道路

コースはこの先右に大きくカーブし、折り返し点はその先です。
この付近の海はサーフィンを楽しむ若者が多いのですが、今日は一人だけ見かけました。
海岸道路

19キロ地点に着きました。ここまで来ると残りは3キロです。
残り3キロ

右手にゴール地点の日立シビックセンターが間近に見えてきました。
建物から突き出た丸い構造物が、シビックセンターのシンボルであるプラネタリウムです。
ゴールが見えた

ゴールしました。
ゴール
これまで23年間、勝田マラソンに参加し、フルマラソンを走ってきましたが、今年は出場を取りやめました。
他に予定があったためと理由付けをしていますが、一番の理由は気力の低下かも知れません。
昨年から走ることがめっきり少なくなりました。このため出場しても、リタイアは目に見えています。

もう年だからいいや、と考えることもありますが、私よりももっと年配の人たちがたくさんがんばっています。
過去に出場した「富士登山競争」や、「日本山岳耐久レース」などは、遠い自分のような気がします。

何とかモチベーションを持ち続けられるよう、がんばらなくては。
16 : 26 : 01 | 有酸素運動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |