ハードな飯豊連峰ルート
2009 / 08 / 23 ( Sun )
飯豊連峰を歩いてきました。今回のルートは飯豊山荘からダイグラ尾根を歩き、飯豊本山、そして御西小屋に泊まります。翌日は石転び沢を下る予定です。
ダイグラ尾根に水場はないと聞いているので、水4リッターを用意しました。

飯豊山荘天狗平に車を止め、歩き始めます。しばらくは平坦な散策路の快適な歩きです。
温身平で道は二手に分かれます。右は石転び沢方面、左はダイグラ尾根です。
今日は左のダイグラ尾根を登り、明日は石転び沢を下り、右の道に出てきます。
分岐

しばらく沢沿いの道を歩きますが、ここで沢をまたぎ、いよいよ尾根にとりつきます。この吊橋は冬季は外されます。
吊橋

尾根をふさぐようにミズナラの古木です。
登山道

急峻な登りとアップダウンを繰り返しながら、前方に休場ノ峰が見え隠れします。
休場ノ峰1

休場ノ峰まではまだまだアップダウンが続きます。
休場ノ峰2

急斜面の登りで高度をかせぎ、森林限界をすぎると展望が一気に開けます。休場ノ峰をすぎると時々、お花畑が現れます。
お花畑

苦しい道が続きますが、しばらくすると宝珠山が見え始めます。
縦走路

最後の小ピークを過ぎると、すぐ前に飯豊本山が現れます。山頂にいる登山者の姿も確認できます。
ダイグラ尾根

飯豊本山から東に頂上小屋が見えます。
縦走路2

飯豊本山山頂から、大日岳方面です。これから御西小屋に向かいます。
飯豊本山から

草付の縦走路を歩くと、前方に御西小屋が見えます。今夜はここに泊まります。
御西小屋

翌日はガスが濃く、また尾根道は強い風が吹いていました。梅花皮小屋です。
梅花皮小屋

梅花皮小屋を少し下ったところから見た石転び沢です。この時期雪渓はだいぶ後退しています。
石転び沢1

雪渓の最上部の様子です。大きな穴がのぞきます。梅花皮小屋の管理人関は、「今年はクレバスがまだできていない」と話していましたが、雪渓には1本だけ亀裂が入っていました。
石転び沢2

門内沢出会い付近から見た石転び沢です。
石転び沢3
スポンサーサイト
21 : 14 : 18 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
お墓参り
2009 / 08 / 19 ( Wed )
今日は妻の両親の墓参りで、埼玉県浦和にある大泉院を訪れました。
大泉院は室町時代に建立された曹洞宗のお寺で、私は家族と共に法事や墓参りで何度か訪れています。

寺院の本堂脇に石碑がありました。
「たったひとりしかない自分を たった一度しかない一生を ほんとうに生かさなかったら 人間は生まれてきたかいがないじゃないか」 と刻まれています。
これは山本有三の「路傍の石」に書かれた言葉です。私にとってすごく勇気がわいてくる言葉です。
山本有三

境内にはたくさんの羅漢像が置かれています。数えてみると十八羅漢でした。
羅漢とは「日本石仏事典」によると完全に悟りを開いた最も上位の仏教修行者のことを、阿羅漢と呼ぶそうです。
一人ひとりの表情を見ると、人間の喜怒哀楽を表しているようなもの、日常見られる表情が多いような気がしますが、これが悟りを開いた人間の姿なのでしょうか。
羅漢1 羅漢2

羅漢3 羅漢4

羅漢5 羅漢6

羅漢7 羅漢8

羅漢9 羅漢10

羅漢11 羅漢12

羅漢13 羅漢14

羅漢15 羅漢16

羅漢17 羅漢18

最後はご存知、七福神です。
七福神
18 : 27 : 51 | ぶらり旅 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |