今年も朝日で草刈
2009 / 07 / 21 ( Tue )
今年も朝日連峰の草刈りに参加しました。
草刈班は、大朝日班、大玉山班、祝瓶山班それに角楢班に分かれます。
山さんをはじめ、7人が蛇引きの清水を拠点に3日間、尾根道の草刈をしました。
1.集合写真

蛇引き幕営グループの共同食料などです。これらに個人装備を含め、20kg前後の荷物を背負ってテン場まで上がります。
2.共同装備

角楢の吊橋です。東北の山MLメンバーで天狗と呼ばれる佐藤さんも、重い荷物を背負って吊橋を渡ります。
この日の荒川は静かな流れの清流でしたが、帰りは降り続いた雨で濁流となっていました。
3.吊橋

こちらは環境省自然保護官の佐藤さん。大きな荷物を背負い、草刈機を持って吊橋を渡ります。
4.吊橋

朝日の銘水、蛇引きの清水のテン場です。我々が草刈の間に、山さんが設営してくれました。
蛇引きグループ7人の宿です。ブルーシートを張って雨対策も完璧です。
5.テント

草刈後の登山道です。覆っていた笹や枝が刈られて、歩きやすくなっています。
6.草刈後

ノリウツギです。
7.ノリウツギ

オオコメツツジです。
8.オオコメツツジ

アカモノ (イワハゼ) の果実です。6月に朝日の山開きで朝日鉱泉から御影森山、大朝日岳、鳥原山と歩いたとき、白い花に赤いがくが印象的な可愛らしい花を咲かせていました。
9.アカモノ

ヨツバヒヨドリです。
10.ヨツバヒヨドリ

ナンブタカネアザミです。
11.ナンブタカネアザミ

オヤマボクチのつぼみです。秋にアザミに似た花を咲かせます。
11.nanndaro

ヒメサユリなどの高山植物は刈り取られずに残っています。
13.

ミヤママコナです。
14.miyamamakona

ミヤマトウキです。
15.miyamatouki

ニッコウキスゲとウラジロヨウラクのコラボです。この後デジカメに雨が入り、故障してしまいました。
16.nikkoukisuge and himesayuri
スポンサーサイト
22 : 44 : 35 | ボランティア活動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
畑に行ってきました。
2009 / 07 / 10 ( Fri )
一週間ぶりの家庭菜園です。今日も先週に引き続き除草が主な作業です。

先週ある程度草を抜き取ったのですが、今日行ってみるとこのような状態です。
キュウリの周りにはイヌビエ (エノコログサかもしれない。花が咲いたら確認) が繁茂しています。それでもこの中に立派なキュウリができていました。
昨年は頂いたキュウリの種を1回でまいたため、収穫期にはキュウリが一度に採れ過ぎ困るほどでした。
今年は5月からこれまで3回に分けて種をまいています。これは1回目のキュウリです。
09-07畑1

つるありインゲンもこのような状態です。
09-07畑2

つるなしインゲンです。先週たくさん収穫しました。
09-07畑3

ダイコンとネギです。
09-07畑4

除草後の様子です。
手前からつるなしインゲン、トマト、ミズナ、ダイコン、カブです。
09-07畑5

すっきりしました。インゲンはよく食べるのでたくさん実をつけて欲しいものです。
09-07畑6

今日は予定の半分しか除草ができませんでした。
ちょっと大げさに言えば、畑仕事は目的外の植物との戦いです。除草剤や殺虫剤を使えば、草や虫も発生しません。しかし、人間が口に入れるものを、これらの化学物質で汚染するわけにはいきません。
20 : 11 : 56 | 家庭菜園 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
今日は海へ
2009 / 07 / 05 ( Sun )
ここのところ山歩きが続いたので、久しぶりの家庭サービスです。
新潟まで長距離ドライブを楽しみました。
常磐道から磐越道、そして日本海東北道を走り、新潟の北端、村上市の名勝天然記念物指定区域、笹川流れを見物してきました。

この時期になると荒々しい日本海のイメージとは程遠い、穏やかな暖かい海となります。
笹川流れ1

海は澄みきり、透明度が高く、変化に富んだ岩礁が素晴らしいものでした。
笹川流れ2


笹川流れ3


笹川流れ4


笹川流れ5


笹川流れ6
20 : 52 : 44 | ぶらり旅 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
高層湿原の苗場山
2009 / 07 / 01 ( Wed )
高層湿原で知られた苗場山を歩いてきました。
新潟県と長野県の県境に位置する山で、火山活動によってできた斜面が長い時間をかけて変化し、
現在の高層湿原になりました。
苗場山1

湿原には無数の池塘が点在し、植生保護のために木道が架けられています。
苗場山2

ツツジ科のアカモノ (別名イワハゼ) です。赤いガク片が印象的です。
朝日連峰の草刈ではこの果実を食べながら歩いています。
苗場山3

イワイチョウです。この時期、苗場山のどこにでも見られました。
苗場山4

イワナシです。この花もツツジ科です。淡いピンクの可愛らしい花です。
苗場山5

jこれもツツジ科のヒメシャクナゲです。小さな花で、注意してないと見逃してしまいます。
苗場山6

チングルマです。今年もあちこちの山で見ることができました。
苗場山7

大型の葉と、純白の大きな花キヌガサソウです。奥にこれも純白のサンカヨウが見られます。
苗場山8

帰路、下山口にある小赤沢温泉、楽養館で汗を流しました。
中へ入ってびっくり、お湯は鉄分を多量に含んで赤くなっています。
湯上り後に飲んだビール、食べた蕎麦がうまかった。
苗場温泉
21 : 35 : 58 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |