スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
残雪と高山植物の朝日連峰
2009 / 06 / 24 ( Wed )
山形県に住む白鷹山岳会の知人のお誘いを受けて、朝日連峰を歩いてきました。
ルートは朝日鉱泉から御影森山、平岩山から大朝日岳の大朝日小屋で1泊、翌日、小朝日岳から鳥原山の鳥原小屋で山開きの神事に出席し、朝日鉱泉に戻るという予定です。

朝日川に架かる吊り橋を渡ると上倉山の手前まで急登が続きます。これを登りきるとアップダウンを繰り返しながら、御影森山に着きます。

ブナの額縁から見える御影森山はもうすぐです。
御影森山

御影森山を過ぎると大朝日岳が真近かに見えはじめます。
登山道はここから左にまき、平岩山を経て大朝日岳に至ります。
大朝日1

平岩山から下るザレ場です。ここまで来ると大朝日は眼前に迫り、疲れを吹き飛ばしてくれます。草地にはお花畑が現れました。
大朝日2

大朝日岳山頂を過ぎると今夜の宴会場、大朝日小屋が見えます。前方の山は中岳です。
銘水、金玉水(きんぎょくすい)の水場は雪田の下で、利用できるのは8月からの夏山でしょうか。
大朝日3

翌日はゆっくりと山小屋をたちました。これから行く鳥原山での山開きの神事に間にあえばよいのです。あれほどたくさんの宿泊者は誰もいません。名物小屋番の大場さんとお手伝いの佐藤さんもすでに下山しています。

小朝日岳付近から青空が広がりはじめました。残雪の山と、遅い新緑のコントラストの妙が足を止めます。
大朝日4

この時期はまだたくさんの残雪があり、雪渓や雪田歩きも多く、気の抜けない歩きとなります。
大朝日5

振り返ると正面に大朝日岳が見えます。山頂から右側に稜線を辿るとコルに大朝日小屋がポツンと見えます。ここから派生する沢がガンガラ沢で、昨年末、法務省の職員の方が登山中に滑落し、いまだに行方不明となっています。
最近雪解けを待って捜索が再開されたようです。昨日もヘリコプターがこの山域に入っていました。
大朝日6

雲海から突き出て見えるのはあの名山、月山です。
大朝日7

登山道から見た素晴らしい山岳展望その1です。後ろの稜線は天狗角力取山方面でしょうか。
大朝日8

登山道から見た素晴らしい山岳展望その2です。今日下ってきた小朝日岳から大朝日岳方面です。
大朝日9

正面に樹木に囲まれた鳥原小屋がわかるでしょうか。手前の池塘にはモリアオガエルとその卵を見ることができました。
遠方の稜線が昨日歩いた道で、左手に突き出た山が御影森山です。
大朝日10
スポンサーサイト
22 : 10 : 15 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
カッコウとレンゲツツジに癒された菅平高原
2009 / 06 / 16 ( Tue )
山仲間と長野県の菅平高原を歩いてきました。
四阿山に行きたいという要望から計画した山で、根子岳から四阿山を縦走しました。
後から知ったことですが、根子岳は田中澄江の花の百名山、四阿山は深田久弥の
日本百名山に選定された山です。  (私はこういうのにはこだわっていませんが)

根子岳です。標高は2207mですが、1900mを越えるあたりが森林限界となるようです。
菅平高原から森林限界までの森林帯は素晴らしいものでした。ダケカンバ、
レンゲツツジ、ムラサキヤシオ、オオカメノキ、ミネザクラ、アズキナシ、
ナナカマドなどの新緑や花に目を奪われます。
根子岳

レンゲツツジです。有毒であるため、放牧された牛は食べません。
子供の頃、ヤマツツジの花を食べたことがあります。試しにレンゲツツジの花を
食べてみました。ヤマツツジに比べ酸味がなく、味はありません。
写真の個体は特に鮮やかな赤でした。
レンゲツツジ

登山道を彩ったイワガガミです。5本の雄しべが目立ちます。
イワカガミ

ベニバナイチヤクソウです。
ベニバナイチヤクソウ


クルマバソウです。葉が輪生し、車の車輪のように見えることからこの名前が
つけられたそうです。
クルマバソウ

サクラソウ科のクリンソウです。イチリンソウ、ニリンソウはキンポウゲ科です。
クリンソウ

今回は、このほかにも高山植物を見かけました。これから7月にかけて、花の百名山に
ふさわしい、たくさんの花が見られると思います。
22 : 45 : 37 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
第17回猪苗代湖レイクロードウォークを歩いてきました。
2009 / 06 / 07 ( Sun )
1週間前の桐生~足尾100Kmに続き、今日は猪苗代湖の湖畔を歩くウォーキング大会に出かけました。
今回歩いたコースは、猪苗代湖の南岸、舟津港から反時計回りに湖岸を歩き、猪苗代町総合体育館「カメリーナ」にゴールする25.3kmのコースです。

猪苗代湖の北にある長浜から白鳥の遊覧船に乗り、約1時間ほどで対岸の舟津港に着きました。
ここからスタートです。
船から下りる

スタートしてまもなく、田んぼの中の道を歩きます。
田んぼの中の道

この辺りは志田浜と呼ばれる猪苗代湖の東岸です。前方に見えるのは西会津の山々です。
花壇の中

前方に見える山は上部を雲に覆われていますが、会津の名峰、会津磐梯山です。
もうすぐ

前方右側の建物が、ゴールとなる猪苗代町総合体育館「カメリーナ」です。青空が広がってきましたが、磐梯山は雲の中です。
まもなくゴール




21 : 26 : 51 | 有酸素運動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。