2週間前に植えつけた野菜の種は
2009 / 04 / 25 ( Sat )
畑に行ってきました。2週間前に植えつけた種が発芽しているかの確認と、新しい種の植え付けです。

雑草の成長は早いものです。何もしていないとこのようにあっという間に雑草が繁殖しています。
森林インストラクターとしては、雑草という表現ではなく、植物の名前を示したいところですが、ここにある植物ではナズナしかわかりません。これから調べていきます。
それにしても、まだ4月で時折肌寒さも感じる時期ですが、5月や6月になるとこれら雑草の成長やいかに。
09-04-24畑

3月末に植えつけたジャガイモです。左の小さいのが「北あかり」で右のちょっと大きいのが「男爵」だと思います。
09-04-24畑1

スポンサーサイト
21 : 17 : 40 | 家庭菜園 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
雲取山を歩いてきました
2009 / 04 / 20 ( Mon )
山仲間と東京都の最高峰「雲取山」を歩いてきました。林道終点から少し先にある鉱泉の宿「三条ノ湯」に泊まって、ゆっくりの予定でしたが、林道が落石などで閉鎖され車での通行ができず、2時間半の林道歩きとなりました。
ここは秩父多摩甲斐国立公園に属し、東京都民の水がめ「奥多摩湖」に流れ込む水源の森として、東京都によって整備されています。普段見られない樹木も多く、長い林道歩きも心地よい歩きでした。
林道から雲取山山頂までの歩きでは、終始野鳥の声に包まれながらの歩きとなりました。私が確認できたのはヤマガラ、シジュウカラ、ミソサザイ、センダイムシクイ、ウグイス、ツツドリなどで、これほど多くの野鳥の声を聞きながらの歩きは初めてです。

「三条ノ湯」です。ここには冷蔵庫や電子レンジもあり、管理人の方に聞いたところ、沢水を利用した水力発電によって、すべての電気をまかなっているそうです。
三条ノ湯

林道ではミツバツツジ(三葉躑躅)があちこちに咲いていました。トウゴクミツバツツジは雄しべが10個ありますが、ミツバツツジの雄しべは5個です。
ミツバツツジ

ナス科植物のハシリドコロ(走野老)です。この花はたくさん咲いていました。釣鐘形の花を内側から見ると黄色、外側から見ると暗紫色の面白い花ですが、猛毒植物です。
ハシリドコロ

雲取山山頂です。ここの三角点は、現在の三角点が設置される前の明治時代、当時の陸軍参謀本部陸地測量部が設置したものです。現在その所在が確認されているものは、この雲取山と新潟県上越市の米山(よねやま)、それに群馬県甘楽郡下仁田町の白髪岩(しらがいわ)の三ヶ所です。
原三角点1  原三角点2

これも登山道で見かけたイワウチワ(岩団扇)です。今年もあちこちでイワウチワを見ましたが、このような純白のイワウチワはほとんど見ることができません。
イワウチワ
21 : 21 : 34 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
畑に行ってきました。
2009 / 04 / 13 ( Mon )
畑に行ってきました。
今日は鍬で畑を耕し、野菜の種を植え付けました。
周りの農家の畑は機械で耕していますが、家庭菜園では鍬で十分です。とは言ってもかなり疲れました。
今日植えた種は、ダイコン、カブ、ニンジン、キュウリ、インゲン、ミズナです。
種から植えると、発芽から成長する過程が楽しみです。

畑

昨年植えた高菜がこんなに大きくなりました。
高菜

ホウレンソウもこれが最後の1株となりました。
ホウレンソウ
20 : 32 : 48 | 家庭菜園 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
小木津山自然公園探鳥会
2009 / 04 / 13 ( Mon )
日本野鳥の会探鳥会で小木津山自然公園に行ってきました。
この日は40人近くの参加者があり、盛況でした。アオジ、コゲラ、アオゲラ、エナガ、
ヤマガラ、シジュウカラなど20種くらいの野鳥を観察することができました。

ヒトリシズカがたくさん咲いていました。だいぶ前のことですが、大子の山を歩いていて
この花を始めて見たときには、名前もわからず、こんな可愛らしく面白い植物もあるのかと、
しばし見入った記憶があります。この小木津山自然公園にはたくさん咲いています。
ヒトリシズカ

ニオイタチツボスミレです。鼻を近づけると、ほのかによい香りがします。
ニオイタチツボスミレ

マルバスミレです。
マルバスミレ

マキノスミレです。植物学者の牧野富太郎を記念し名づけられました。
マキノスミレ

20 : 16 : 17 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
茨城のスプリング・エフェメラルは
2009 / 04 / 11 ( Sat )
城里町にお花見に行きました。といっても、桜ではなくスプリング・エフェメラルです。
日立市の桜はちょうど満開ですが、水戸を過ぎる頃になると、散り始める桜もありました。
例年は3月に訪れているのですが、今年は遅くなりました。カタクリはどうしているでしょうか。

美しい林です。そろそろ芽吹きが始まっています。この林床にスプリング・エフェメラルが展開します。
09-04御前山1

今年もあちこちで見ました。ニリンソウ(二輪草)です。
09-04御前山2

これはイチリンソウ(一輪草)です。写真で比較するとわかりませんが、イチリンソウの
3倍くらいの大きさがあります。いずれもキンポウゲ科の植物です。
09-04御前山3

セントウソウ(仙洞草)です。この花はすごく小さい花ですが、今回はアップでうまく撮影できました。
09-04御前山4

ヒカゲスミレ(日陰菫)です。
09-04御前山5

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)です。果実の中にはたくさんの種子が見えます。
09-04御前山6

ヤマエンゴサク(山延胡索)です。この花はケシ科の植物です。
09-04御前山7

この花もケシ科のムラサキケマン(紫華鬘)です。
09-04御前山8

17 : 58 : 03 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
雪割草の角田山を歩きました
2009 / 04 / 05 ( Sun )
山仲間と雪割草で知られた新潟の山、角田山を歩いてきました。
角田山は佐渡弥彦米山国定公園の中にあり、山を下るとすぐに日本海です。この山は地元の
人たちの手で、雪割草が植栽、保護されています。
ところで、雪割草と名のついた花はありませんが、キンポウゲ科のミスミソウの別名がユキワリソウと
呼ばれています。このミスミソウやカタクリなどはスプリング・エフェメラルとも呼ばれます。
スプリング・エフェメラルとは春の短い命とでも訳せばよいのでしょうか、その名の通り、早春の
落葉樹林で、林内の雪が解け、太陽の光が林床に射し込むと、真っ先に咲く花です。しかし、葉を
落としていた落葉樹も時間の経過と共に芽吹き始め、木々は競って葉を広げます。
スプリング・エフェメラルはこの期間にハチなどによって受粉を済ませ、子孫を残し、花は枯れ、
葉もすぐになくなります。短い命というのは、このように早春の林床に暖かい光が入ると地上に現れ、
周りの木々の葉が広がると姿を消すということからつけられたのです。しかし、「短い命」だけでは
なく「春の妖精」と呼ばれることもあります。

ミスミソウ(三角草)です。この花は変異が多く、多様な色と形があります。
09-04ミスミソウ1 09-04ミスミソウ2 09-04ミスミソウ3

09-04ミスミソウ4 09-04ミスミソウ5 09-04ミスミソウ6

ミスミソウ7 ミスミソウ8 ミスミソウ9

ミスミソウ10 ミスミソウ11 ミスミソウ12

ミスミソウ13 ミスミソウ14 ミスミソウ15

ミスミソウ16 ミスミソウ17 ミスミソウ18

ミスミソウ19 ミスミソウ20 ミスミソウ21

ミスミソウ22 ミスミソウ23 ミスミソウ24 

ミスミソウ25 ミスミソウ26

カタクリ(片栗)です。ここで見たカタクリは花も葉も大きいですね。
09-04カタクリ1

こんな具合に群落をつくり、いたるところに咲いています。
09-04カタクリ2

キクザキイチゲ(菊咲一華)です。
09-04キクザキイチゲ

イカリソウ(碇草)です。
09-04イカリソウ

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)です。
09-04エゾエンゴサク

エンレイソウ(延齢草)です。
09-04エンレイソウ

スミレサイシン(菫細辛)です。太くて短い距が特徴です。距(きょ)とはスミレが受粉のための
ハチを呼び寄せるための蜜壷です。
09-04スミレサイシン

ジンチョウゲの仲間のナニワズ(難波津)です。ジンチョウゲの良い香りを期待したのですが、
無臭でした。
09-04ナニワズ

はじめて見ました。ユリ科のコシノコバイモ(越の小貝母)です。
09-04コシノコバイモ


22 : 03 : 51 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
裏山散歩
2009 / 04 / 04 ( Sat )
日立市のお天気相談所では、日立の桜の開花は4月1日と発表しました。
しばらく裏山を歩いてないので、犬の散歩を兼ねて、植物観察してきました。

この時期、カタクリと共にスプリングエフェメラルと呼ばれるキクザキイチゲ(菊咲一華)です。
今年も素晴らしい花を咲かせていました。
09-04キクザキイチゲ

これもスプリングエフェメラルのニリンソウ(二輪草)です。日当たりのよい場所に生育する
ニリンソウはこのように開花していますが、まだ多くはつぼみです。
09-04ニリンソウ

私の好きなショウジョウバカマ(猩々袴)です。この花は身近な里山から亜高山帯まで、
日本全国に分布する花で、山歩きをしていると長い期間花を見ることができます。
ショウジョウバカマ1

花の色も赤やピンク、淡い水色や真っ白いものまで、いろいろあります。
ショウジョウバカマ2

薄いピンクが可憐なイワウチワ(岩団扇)です。
09-04イワウチワ

ミヤマカタバミ(深山傍食)です。
09-04ミヤマカタバミ

ヤマネコノメソウ(山猫の目草)です。
09-04ヤマネコノメソウ

おなじみのシュンラン(春蘭)です。
09-04シュンラン

17 : 09 : 43 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |