勝田マラソンを走ってきました。
2009 / 01 / 25 ( Sun )
今年も勝田マラソンを走ってきました。
スタート、ゴール地点となるひたちなか市の石川運動ひろばです。
受付を済ませ、スタート前の準備をする人たちで、にぎわっています。
09勝田マラソン1

フルマラソンは午前11時スタートです。狭い商店街通りは、参加者でごった返しています。
スタート前の緊張のひと時です。
09勝田マラソン2

スタート直後です。前も後ろも人人で、私が並んだところはスタート後約4分くらいは走り出すことができませんでした。
09勝田マラソン3

スタート後15Km近くです。日本三大虚空蔵堂の一つとされる「村松山虚空蔵堂」、そして日本原子力研究所東海研究所がすぐ前にあります。
09勝田マラソン4

中間点です。やっとハーフマラソンの距離まできました。
09勝田マラソン5

沿道ではスタート直後からゴールまで途切れることなく、たくさんの人たちが声援を送ってくれます。
赤ちゃんを抱いたお母さんも選手たちに飴を差し出していました。
09勝田マラソン6

毎回楽しみにしている地区の集会所です。ここでは地区の人たちによる湯茶の接待があります。
暖かい赤飯もあります。おいしい白菜の漬物と共におかわりしてしまいました。
本当にこの場所はありがたい気持ちで一杯です。
09勝田マラソン7

30Kmを過ぎた場所で、住宅街の中を走ります。私の横をリタイアした選手の収容をするバスが走りすぎました。私も過去にリタイアし、このバスに乗せてもらいました。
09勝田マラソン8

残り5Kmとなる勝田駅前から続く「昭和通り(通称:33メーター道路)」に入りました。
もうこの時間は、道路規制が解除され、車の通りが激しくなっています。
09勝田マラソン9

今年も何とかがんばりました。この角を右に曲がるとあと500mでゴールの石川運動ひろばです。
09勝田マラソン10

ゴール前のゲートです。
09勝田マラソン11

ゴールしました。
09勝田マラソン12

 この勝田マラソンは、私は今年で22回連続の参加となります。とは言っても悪天候のためキャンセルもあり、また最近は途中リタイアが続きましたが、今年は、昨年に続き何とかゴールにたどり着くことができました。最近の記録は過去のピーク時に比べ1時間30分以上も遅くなっています。
 1年ごとに必ず年を重ねる加齢と、トレーニング不足と理由付けしています。しかし、私よりもっと年配の人にもどんどん抜かれるので、これは言い訳に過ぎません。それでも去年、今年と何とかモチベーションだけは切れることがなかったので、ゴールできたと思っています。
 今夜はゆっくりと風呂に入り、おいしいビールを頂きました。今は心地よい疲労感と、充実感で一杯です。



スポンサーサイト
22 : 23 : 39 | 有酸素運動 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
笠間の富士山を歩いてきました。
2009 / 01 / 18 ( Sun )
 平成13年から茨城県のヤブ山歩きをしています。国土地理院発行の地形図に山名の記載されている山で、ガイドブックなどで登山道が紹介されていない山は県内には80座くらいあります。これらの山を地形図とコンパスだけで歩いてみようという思いで始めたのが私のヤブ山歩きです。今回は63座目となる笠間市の富士山を歩いてきました。

 富士と名のつく山は全国では300座を超えるそうです。茨城県内だけでもよく知られた山では生瀬富士、盛金富士などがあり、また単に富士山という名前のつけられた山など、数え上げると県内にも10以上はあるようです。今回歩いた笠間市内にも3つの富士山があります。
富士山信仰につながる山とか、日本一の山にあやかってつけられたのか、山名の由来を知りたいものです。

 今回歩いた笠間市の富士山は周囲を集落に囲まれた里山であったと思います。
登山口は里山の原風景とも言うべき、懐かしい光景が広がります。
09-01里山

 里山とは簡単に言うと、集落に近く、古くから地域の人たちによって利用されてきた森林です。人が森を利用することによって動物や植物が豊かな生態系が存在していました。
戦後の「エネルギー革命」までは、家庭での煮炊きやお風呂などの燃料は、この里山からの薪や木炭でまかなってきました。クヌギやコナラなど、落葉広葉樹からの落ち葉は田や畑の肥料として利用されてきました。
現在はこれらのエネルギーは石油、石炭やガスなどの化石燃料に変わりました。肥料も落ち葉などの堆肥から化学肥料に変わりました。この結果が心配されている地球温暖化であると思います。

09-01富士山

 今、里山の多くは利用されないまま放置され、アズマネザサなどが繁茂しています。また、戦後に植林されたスギやヒノキなどの人工林も手入れされず、放置されています。このため林内には光が入らず暗く、林床植物が生長することができません。土壌の荒廃が気になります。
不法投棄された家庭ゴミや粗大ゴミもよく見ます。それが環境破壊につながります。
 森林インストラクターとして、これらの問題もこれから考えていきたいと思います。

 富士山山頂です。三等三角点が設置され、「富士山 富士山認定協会」と書かれたプラスチックの札が、立ち木に取り付けられていました。
09-01富士山山頂
12 : 15 : 56 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
日立アルプスを歩きました。
2009 / 01 / 13 ( Tue )
今年も歩き初めとして日立アルプスを歩いてきました。

前回からの続きとして、赤い実のなる植物を探して歩きます。
これはアオキです。茨城の山ではたくさん見られます。この時期ほとんどのアオキは実を落としていますが、わずかに残っているものもありました。
アオキ09-01

サルトリイバラです。つる性でとげがあり、ヤブを歩いていて衣服に引っかかることがあります。
サルトリイバラ09-01

ミヤマシキミです。近くではシキミもよく見られます。シキミはシキミ科、このミヤマシキミはミカン科です。葉は有毒です。
ミヤマシキミ09-01

長い登山道の中で私の好きな場所です。この時期、葉を落としたコナラやシデなどの落葉広葉樹、林床を覆うミヤコザサ、この風景が疲れを癒してくれます。
登山道09-011

やがて右手に高鈴山山頂に建てられた電波塔が見え隠れします。ここまで来ると高鈴山はもうすぐです。新緑で葉が展開すると、この電波塔は見えなくなります。
登山道09-012

日立アルプス最高峰の高鈴山山頂です。随筆家、田中澄江さんにより「花の百名山」に選ばれています。しかし象徴的な花として選ばれたセンブリは今はほとんど見ることができませんが、かわって薄いピンク色の可憐なイワウチワが登山者の目を楽しませてくれます。
高鈴山山頂09-01

このあとは高鈴山から神峰山、羽黒山と歩き、小木津山自然公園から小木津駅に向かい、電車に乗りました。日立アルプスの登山道は後日紹介しようと思います。
21 : 23 : 17 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(1) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
裏山散歩
2009 / 01 / 05 ( Mon )
 この時期、落葉樹は葉を落とし、林内はよく見渡せます。昨日は裏山の林床植物を探しながら散歩、赤い実をつける植物を見つけました。

 ツルアリドオシです。同じ仲間にアリドオシがあり、これには鋭いトゲがあります。
ツルアリドオシ09-01

 ツルリンドウです。
ツルリンドウ09-01

 マンリョウです。お正月には縁起物として、センリョウ、アリドオシと共に生け花にして飾られます。
マンリョウ09-01

 ヤブコウジです。小さな植物ですが、木本類であり、草ではなく木です。
上の写真はマンリョウ(万両)ですが、他にセンリョウ(千両)、カラタチバナ(百両)、そしてこのヤブコウジが十両、最初の写真アリドオシの仲間、ツルアリドオシが一両とも呼ばれます。
 縁起物として、万両、千両、百両、十両、そしてツルアリドオシの一両と共に寄せ植えの素材に使われます。
ヤブコウジ09-01

 青い実が美しいジャノヒゲです。
オオバジャノヒゲ09-01
13 : 34 : 44 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(1)  | page top↑
裏山散歩
2009 / 01 / 04 ( Sun )
犬の散歩を兼ねて、裏山を歩きました。早春の野草が小さなつぼみをつけていました。

小さな花茎を見せ始めたシュンラン。
シュンラン09-01

シュンランと同じように花茎がのぞくショウジョウバカマ。
葉は寒さに耐えるため、地面に張り付いています。
ショウジョウバカマ09-01


11 : 18 : 33 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |