花を見ながらの山歩き
2017 / 05 / 20 ( Sat )
山仲間と県北の山を歩いてきました。
尾根を歩いて見かけた花です。
最初に遠目で見たとき、あれタニウツギが咲いてる、と思いました。
タニウツギは、日本海側で見られるウツギの仲間で、県内に自生は
ないはずです。
近づいて観察すると、萼片の特徴がツクバネウツギです。
萼片が羽根突きの羽根に似ていることから、ツクバネウツギと
名付けられました。
ツクバネウツギの花の色は白や黄色ですが、この花は赤い色で、
ベニバナツクバネウツギです。
1ベニバナツクバネウツギ

クワガタソウは、オオイヌノフグリと同じ仲間です。
全国に普通に見られる雑草と書かれた図鑑もありますが、それほど
見かけるものでしょうか。
2クワガタソウ

これは鮮やかな青紫のヤマタツナミソウです。
3ヤマタツナミソウ

ヤマブキソウも咲いていました。
緑の広がる林床植物の中に、ひときわ映える黄色の花弁を
広げていました。
4ヤマブキソウ

タチガシワは、4月にも御前山で観察しましたが、これほどまとまって
咲くものは珍しいと思います。
5タチガシワ

ギンランです。
よく似た植物でササバギンランがありますが、多く見られるのはササバギンランです。
6ギンラン

キンランは、群生状態で咲いていました。
7キンラン
スポンサーサイト
21 : 36 : 47 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
クマガイソウ観察
2017 / 05 / 16 ( Tue )
昨年、山歩きで偶然自生のクマガイソウを見つけました
この時は、花が終わった後でしたが、開花期にぜひ
再訪したいと思い込んでいました。
少し遅いかな、と心配しつつ自生地を訪ねましたが、
ちょうどいい具合に咲いていてくれました。
クマガイソウ1 

クマガイソウは、環境省の絶滅危惧種に指定されている
貴重な植物です。
以前は、山地や平地の樹林下でそこそこ見られたようですが、
盗掘などに会い、自生のものは急激に減少しているようです。
この自生地も、守らなければならない貴重な場所です。
クマガイソウ2
next
21 : 03 : 00 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
幸運な植物との出会い
2017 / 05 / 12 ( Fri )
東北の山を歩いてきました。
森の中で初めて見る植物に出会いました。

調べてみたら、ユキノシタ科 (新分類体系ではスグリ科) のヤシャビシャクです。
山と渓谷社発行の 「樹に咲く花」 では、 「希少種 出会えたらとても幸運」 と書かれています。

この植物は、環境省の準絶滅危惧種に指定されているもので、貴重なものです。
今日、偶然にも見ることのできたことは、とても幸運です。
ヤシャビシャク
18 : 00 : 02 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
県北の山歩き
2017 / 05 / 01 ( Mon )
県北の山を歩いてきました。
沢に近い尾根には、ウスバサイシンがたくさん見られました。
1ウスバサイシン


船のいかりに似ているというイカリソウです。
ここのイカリソウは、薄紫色でした。
2イカリソウ

思いがけずヒトリシズカに出会いました。
3ヒトリシズカ

ツクバキンモンソウは、筑波山で最初に確認されたことから
名づけられました。
太平洋側で多く見られます。
4ツクバキンモンソウ

ツクバネウツギが咲き始めました。
下唇の内側に見られる橙色の網目模様が目立ちます。
5ツクバネウツギ

このスミレは、アカネスミレかオカスミレのどちらかでしょう。
アカネスミレは全体に毛が多く、対して毛がない変種がオカスミレです。
現地で確認しなかったのでわかりませんが、写真で見る限り毛が
見当たらずオカスミレでしょうか。
6DSC08146

ちょっと弱々しい感じの、小さな白い花をつけるフモトスミレです。
7DSC081501
20 : 25 : 54 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
山は花盛り
2017 / 04 / 20 ( Thu )
今朝はカメラを持って、いつもの散歩コースを歩きました。
早朝の6時ごろですが、既に太陽は水平線から離れ、だいぶ明るく
なっています。

新緑の季節といわれる5月には少し早いのですが、山はすでに
モザイク状に染まっています
1ヤマザクラ

若草色のコナラ、少し濃い萌黄色はオオバヤシャブシなど、そして赤や
ピンクはヤマザクラ、そのほかカエデやシデの芽吹きが見られます。
2ヤマザクラ

スギやヒノキなどの濃い緑の中に、ヤマザクラのピンクが鮮やかです。
3ヤマザクラ

ヒメオドリコソウは、赤紫色の葉の中から、ピンク色の花を咲かせます。
笠をかぶった踊り子を思わせることから名前が付けられました。
周りに見える緑色の草は、これから花を咲かせるホソバウンランです。
4ヒメオドリコソウ

ホトケノザは、畑の雑草のように見られることもありますが、じっくり
見るとなかなか趣のある花と思います。
段々につく丸い葉の頂部に花をつけます。この丸い葉が仏様の台座に
見えることから名前が付けられました。
5ホトケノザ

この時期タチツボスミレは、あちこちの野山で見ることができます。
6タチツボスミレ

キブシは、3月ごろから咲き始めます。
山ではまだ葉や花が見られない時期に咲くこの花は、よく目立ちます。
雌株雄株が別の雌雄異株 (しゆういしゅ) と呼ばれる樹木です。
雌花雄花をじっくり観察すると、思わぬ発見があります。
7キブシ

接骨木(セッコツボク)と和名のつけられたニワトコです。
名前の由来は、骨折の治療に使ったからと言われています。
若い葉は山菜として、また薬草としても利用されているようです。
8ニワトコ

丸いブラシのような花をつけるウワミズザクラです。
花がない時期には、ほとんど知られることはありませんが、
花をつけるとよく目立ちます。
9ウワミズザクラ

これはイヌザクラのつぼみです。
ウワミズザクラとよく似た花を咲かせます。
10イヌザクラ

モミジイチゴは、木イチゴと呼んだ方が通じるようです。
モミジの葉に似ていることからつけられた名前ですが、初夏の
ころにオレンジ色の果実をつけます。
山歩きでこれを見つけると食べながら歩きます。
11モミジイチゴ

クサイチゴは、一見草のように見えることから、名前が
付けられたようです。
野生のイチゴの仲間では、花が大きくよく目立ちます。
12クサイチゴ

ニガイチゴは、果実に苦みがあることからつけられました。
食べてみると、美味しいものではありませんが、苦みがあるとは
感じられません。味覚の問題でしょうか。
13ニガイチゴ

クマイチゴです。花はこれからです。茎にはトゲが多く、
近寄りがたい感じがします。
14クマイチゴ

この時間の散歩は、野鳥の囀りが盛んです。
この日は、ヒヨドリ、ガビチョウ、カワラヒワ、ヤマガラ、シジュウカラ、
ウグイス、ホオジロ、それにキビタキやオオルリの声も聞こえました。
18 : 40 : 44 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |  次ページ