豊かな自然と渓谷美の花園周辺
2018 / 05 / 27 ( Sun )
茨城の自然100選を訪ねて、北茨城市の花園渓谷方面を歩いてきました。
花園花貫県立自然公園に選定されている花園渓谷の上流部は
猿ケ城渓谷と呼ばれ、その南には栄蔵室や花園山などの山が連なります。

猿ヶ城渓谷に沿うようにつくられた林道を歩きます。
道に敷き詰めたようにたくさんの花が落ちており、見上げると
ハクウンボクが咲いていました。
1ハクウンボク

こちらは5月としては気の早いツルアジサイで、林道歩きの心和む風景です。
2ツルアジサイ

猿ケ城渓谷には滝も多く、新緑や紅葉とともに渓流の美しさには
定評があります。
林道からは、滝を見るために沢に下る案内板も整備されています。

千猿の滝です。
3千猿の滝

千猿の滝のすぐ下流にある落雲の滝です。
4落雲の滝

一帯には、歴史のある花園神社が造営されています。
ここには、スギとコウヤマキの古木が茨城県の天然記念物に指定
されています。
5花園神社本殿

花園神社から沢沿いの道を上流に向かい歩くと、岩石の露出した
露頭が見られます。
花園渓谷周辺は、約1億年前の中生代白亜紀に形成された花こう岩と、
その変成岩からなる地質です。
これらの岩石が、地殻変動で隆起し地上に現れました。
6露頭

鳥居が現れました。
ここは、花園神社奥の院への入り口です。
7花園神社奥の院

鳥居をくぐるとすぐに七ツ滝と呼ばれる高さ60mの滝が現れました。
この滝は、栄蔵室や花園山付近を水源とする花園川の浸食によって
形成されたものです。
8七ッ滝
スポンサーサイト
17 : 29 : 58 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
倒壊したご神体
2018 / 03 / 25 ( Sun )
茨城の自然100選を訪ねて、常陸大宮市の陰陽山森林公園を
歩いてきました。
昭和59年に山方町が森林公園を整備するまでは、山頂に祭られた
陰陽神社は、地元の人による地域信仰の場でした。
1石段

山頂に向かう石段の周囲は、シラカシやアラカシ、スギやモチノキなどの
古木で覆われています。
2森

陰陽神社本殿です。
由来は、水戸光圀が陰陽石を見て陰陽神社創建を思い立ち、元禄4年に
社殿が完成した、と言うようなことが書かれています。
3本殿

神社のご神体といわれる陰陽石ですが、平成23年の東日本大震災により
倒壊してしまいました。
4陰陽石

この写真は、2006年に撮影した倒壊前の陰陽石です。
陰陽石

この辺一帯は、新生代新第三紀の1500万年前ごろに堆積した地層で、
海底に砂や泥などが溜まってできたものです。
5山頂
21 : 02 : 08 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
県境を二分する神社
2018 / 03 / 25 ( Sun )
茨城の自然100選を訪ねて、栃木県那珂川町との県境に位置する
鷲子山 (とりのこさん) を歩きました。
山頂には、鷲子山上神社が建立されてます。
1鷲子神社

県境が神社の境内の中央を通り、境内から本殿までを茨城県側と
栃木県側とに二分しています。
神社の社務所や宮司も、それぞれ茨城県と栃木県に分かれています。
2境内


神社の楼門です。
門の正面には、矢大神・左大神の随身像、背面には仁王像が
安置されています。
神仏分離の影響はなかったのでしょうか。
2鷲子神社

楼門から本殿に向かう石段です。
この石段も県境が二分し、真ん中から左が栃木県、右が茨城県となります。
3石段

樹齢1200年といわれる杉のご神木は、樹皮が波打つような美しい
模様を見せています。
5ご神木

八溝山地に位置する鷲子山は、自然環境保全地域に指定され、スギや
カシ、モミなどの古木がうっそうとした雰囲気をかもし出しています。
4森
20 : 56 : 04 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
疫病を治した湧き水
2018 / 02 / 04 ( Sun )
筑西市をゆっくりと流れる五行川 (ごぎょうがわ) は、勤行川 (ごんぎょうがわ) とも
呼ばれ、小貝川から利根川へと合流し、鹿島灘に注ぎます。
この川に沿って勤行川緑地公園が整備されています。
1勤行川

この公園を歩くと、中舘観音寺があります。
この寺に向かうと延命水と呼ばれる小さな湧き水があります。
言い伝えによると「今から1200年ほど前、観音像を背負った男がここに
立ち寄り、この湧き水でのどを潤した。当時は疫病が流行し、男が病人に
この湧き水を飲ませたところ、病気が治った。男はここにお堂を造り、
観音様を祀った」というようなことが書かれていました。
2湧き水

中舘観音寺は、正式な名称は施無畏山延命院観音寺
(せむいざんえんめいいんかんのんじ) といい、天台宗のお寺です。

病人を救ったという男が祀った観音像でしょうか、本尊の延命観世音
菩薩立像は国指定重要文化財です。

観音寺の周辺には巨木が生い茂り、ソメイヨシノやヤマザクラなどが
生育しています。
3観音寺

南東方面には、田園地帯の先に筑波山が見えました。
4筑波山
09 : 43 : 24 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
地元の人たちの手で整備された平地林
2018 / 02 / 04 ( Sun )
茨城の自然100選の一つ、常総市の石毛城跡は住宅地に囲まれて
います。
室町時代の天文元年に築城されたという石毛城跡には、八幡神社が
建てられています。
1石毛城跡

神社は、カヤやケヤキなどの大木に囲まれた静かな鎮守様です。
周囲には、土塁や堀跡が残っています。
2八幡神社の森

石毛城跡から北西方向少し先に、十一面山 (じゅういちめんやま) があります。
鬼怒川の河畔につくられた人工の平地林です。
3十一面山

戦後の燃料革命で、これまで使われてきた薪炭が石炭などの化石燃料に
変わり、この付近の里山は荒廃しました。
平成15年に地元の人たちが立ち上がり、大量の投棄物を撤去し、身近な
樹木を植栽し、このような里山林をつくりあげました。
4十一面山
09 : 38 : 19 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |  次ページ