佐竹氏の残した穴
2017 / 01 / 28 ( Sat )
戦国時代といわれた安土桃山時代、常陸国を統一した佐竹氏は、その
経済基盤として金山開発に力を入れました。
茨城県内には、県北を中心に佐竹時代の金採掘跡がたくさん残っています。
ここ日立市でも、大久保鉱山や赤沢鉱山が知られています。
今日は、いつもの裏山散歩でちょっと足を延ばし、採掘跡を見てきました。
1金採掘跡

大久保鉱山の採掘穴です。
入口は、落石でだいぶ塞がっていました。
2金採掘跡

すぐ近くには、白い石英脈が見られます。
金鉱石は、この石英脈に含まれています。
この石英は、海底の熱水鉱床でつくられたものです。
3石英脈

ここも採掘穴です。
案内板には、「今から400年以前に佐竹氏が金を掘った穴跡」 と
書かれています。
4金採掘跡

手掘りで穴奥の石英脈まで掘り進んだのでしょう。
山奥のこの地で金を掘り当てるという、執念を感じます。
5金採掘跡

この辺りは、今から3億年くらい前の古生代ペルム紀に堆積した、
鮎川層と呼ばれる地層です。
主に砂岩と泥岩が堆積した地層で、この地層からはフズリナと
呼ばれる有孔虫や、三葉虫の化石が発見されています。
これは、砂岩が熱や圧力などで変質した粘板岩です。
6露頭
スポンサーサイト
17 : 05 : 14 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
日立で発見された日本最古の地層
2016 / 11 / 23 ( Wed )
日立市の小木津山自然公園は、日本最古の地層が発見された場所で
あり、豊かな植生で植物や野鳥など自然観察の適地として、広く市民に
利用されています。
今年も総勢70人近い参加者を得て、小木津山ジオハイキングが実施
されました。
1ジオハイキング

この行事は、ひたち生き生き百年塾とジオネット日立の共催で行われ、
今年で3回目となります。

自然公園内の各ポイントで、ジオや森の話などを解説しながら歩きます。
2解説

日立市報で参加者を募集しますが、毎回多くの人が集まってくれます。
今回のコースは、自然公園内を回り、バーベキュー広場で昼食後、
林道を歩き、不動の滝から公園に戻る約8キロのハイキングです。
参加者の皆さんには、今年も楽しんでいただけたでしょうか。
3解説.


20 : 34 : 46 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
小木津山ジオハイキングの下見
2016 / 11 / 21 ( Mon )
勤労感謝の日、ひたち生き生き百年塾とジオネット日立の共催で
「小木津山ジオハイキング」 行われます。
今日はその下見です。
1自然公園

小木津山自然公園は、多様な落葉広葉樹が見られ、この時期
森の中は赤や黄色で彩られます。
これは、深紅に染まるオオモミジの紅葉です。
2紅葉

公園から不動滝に向かう途中、東連津川 (とうれんずがわ) の渡渉があります。
ここには、恒久的な橋が付けられておらず、このような行事のたびに
飛び石を並べたり、簡素な橋をつくっています。
3渡渉

今回は、一般参加者や関係者で70人近くの人が集まります。
歩きやすいように、周囲の草刈りもします。
4草刈り

不動滝は、かってNHKの大河ドラマ 「武蔵」 の撮影が行われた
ところとして知られています。
安置された2体の不動明王像には、新しい生花が飾られていました。
今も、地域の人たちによって守られているのでしょう。
5不動滝




20 : 29 : 15 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
山の日制定記念ハイキング
2016 / 11 / 20 ( Sun )
茨城県山岳連盟主催の、竪破山 (たつわれさん) ハイキングが
行われました。
これは、今年制定された「山の日」を記念したもので、県北の
山岳会などから40人近い参加者が集まりました。
1竪破山

ハイキング道を歩きながら、岩石やブナ林などの解説をします。
2ブナ林

1億年前の白亜紀に地中深くで固まり、隆起して地上に現れた
花こう岩です。
太刀割石 (たちわれいし) と名付けられた巨石は、節理と呼ばれる
割れ目から、まるで太刀で割ったように二つに分断されています。
3太刀割石


20 : 26 : 46 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
戦国時代の高僧が座禅修業した巨石
2016 / 08 / 01 ( Mon )
日立市内を流れる宮田川沿いに、座禅石と呼ばれる巨大な岩があります。
この岩は、5億年前の変成ポーフィリーと呼ばれる火成岩の転石です。
座禅石

室町時代の1470年ころ、この岩の上で天童山大雄院 (だいおういん)
開いた南極寿星 (なんごくじゅしょう) 禅師が、座禅修行したと伝えられています。
旧案内板

今日は、ジオネット日立のメンバーで、老朽化した座禅石の案内板を、
交換してきました。
作業は、今回新製した案内板の交換と、長年の間に岩に堆積した土や
植物などの撤去です。
アクリル板に書かれた案内を、ヒノキを使った枠に取り付け、コンクリート
で固めました。
1作業

座禅石の上もすっかりきれいになりました。
岩の上で、集合写真です。
3記念写真

新設した案内板の前での記念写真です。
中央が、日立市郷土博物館の特別専門員で、茨城大学名誉教授の
田切美智雄先生です。
2記念写真

座禅石の上に生育していたイロハモミジは、刈り取らずにそのまま
残してあります。
秋にはどのような色に染まるでしょうか。
4座禅石
20 : 59 : 41 | ジオパークインタープリター | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(4)  | page top↑
| ホーム |  次ページ