今年もお月見
2017 / 10 / 05 ( Thu )
中秋の名月であるこの日、日立市の助川山で恒例のお月見です。
夕方5時に、助川山市民の森の駐車場に6人が集まりました。
アルコールやつまみをカートに積んで、助川山山頂に向かいます。

途中、雲間からのぞいていた月も山頂に着く頃には、見事な満月を
見せてくれました。
1満月

すじ雲とも呼ばれる巻雲がうっすらと広がり、その上に見事な月。
その月明かりが太平洋に反射しています。
2月と海

日立の南部から、東海村原子力発電所方面を俯瞰します。
3夜景

今年もギターのライブ演奏を楽しみました。
最高のロケーションで聴く心地よい演奏は、感動ものです。
4ギター演奏

アルコールと音楽、仲間との会話を楽しみ、いつの時間かシュラフに
もぐりこんでいました。

未明の強い風に起こされましたが、その風も収まり、さわやかな朝を
迎えました。
5翌朝
スポンサーサイト
12 : 26 : 52 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
花盛りの海浜公園
2017 / 05 / 21 ( Sun )
今日は、山の中ではなく国営ひたち海浜公園へ行ってきました。
好天の中、家族連れなどたくさんの人が訪れ賑わっていました。

ひたち海浜公園では、四季折々の花が見られます。
この春には、スイセンやチューリップ、ネモフィラなどから、
今はポピーやバラに変わっていました。

ポピーの咲く花壇の先には、高さ65メートルの大観覧車です。
1観覧車

ネモフィラの丘は、毎年、テレビや新聞などで報道され、
これを目当てに海浜公園を訪れる人が多いようです。
最盛期を過ぎたこの時期は、丘を上る人は少なくなっています。
2ネモフィラの丘 

森繁久彌の「知床旅情」で知られるハマナスです。
県内には鹿島の海岸に自生し、「はまなす公園」もあります。
茨城県の絶滅危惧種に指定されています。
3ハマナス 

アイースバーク
4アイースバーク 

ケアフリーワンダー
5ケアフリーワンダー 

ブライダルピンク
6ブライダルピンク 

ブルームーン
7ブルームーン 

マリアカラス
8マリアカラス 

ミケランジェロ
9ミケランジェロ 

ミスターリンカーン
10ミスターリンカーン 

小夜曲
11小夜曲 

プリンセスミチコは、イギリスの育種家から美智子妃殿下に
贈られたバラです。
残念ながらまだつぼみでしたが、見たかった。
12プリンセスミチコ 
00 : 00 : 00 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
今年もお月見
2016 / 09 / 16 ( Fri )
中秋の名月のこの日、日立市内を一望できる助川山でお月見
キャンプです。
今日は、5人の粋な男どもが集まりました。
山頂に着く頃には、あたりは暗くなっていました。
ここからの夜景は、なかなか見ごたえがあります。
1夜景

観月キャンプは、音楽鑑賞から始まります。
今年は、ギターの名手鈴木さんの生演奏で、月の砂漠から始まり、
月に関わる曲のメドレーです。
2演奏

ギター演奏が終わると、乾杯し、生演奏からデジタル音楽鑑賞に
代わりました。
この夜は、上空に雲が広がり、月を見ることはできませんが、ビール、
ウィスキー、焼酎などを空けながら、中高年男たちの談笑が続きました。
3宴会

何時に寝袋にもぐりこんだかは定かでありませんが、夜明けの明るさを
感じ、目を覚ましました。
雲間から太陽が見え隠れしています。
工都、日立市の一日が始まります。
4夜明け
20 : 20 : 03 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
お月見
2015 / 09 / 27 ( Sun )
中秋の名月であるこの日、日立市街を望む好展望地、助川山で
お月見と洒落ました。

薄暗くなり始めた頃、助川山市民の森に6人の無粋な?男たちが、
集まりました。
散歩する人も家路につくころ、なにやら怪しげな荷物を運ぶ男たち
がいます。
1運ぶ

右手の稜線上には、これから向かう助川山の東屋と満月が、気分を
盛り上げます。
2月と東屋

助川山山頂から見た、日立の夜景です。
3夜景

月見団子にススキを添え、お月見気分を盛り上げます。
4ススキと団子

月明かりが海面を照らします。
明日9月28日は、月が地球に最も近づくスーパームーンです。
5満月
20 : 46 : 54 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
刈払機か手鎌か
2015 / 08 / 12 ( Wed )
少しの間畑に行ってなかったのですが、その間雑草がはびこっていました。
いつも手鎌で草刈をしていますが、今年の暑さでは、作業が遅々として
進みません。

ここ数ヶ月、刈払機を買うか買わないか迷っていたのですが、やっと買う
決心をしてホームセンターに向かいました。
しばらく品定めをしているうちに、再び迷ってしまいました。

刈払機は山形県朝日連峰の登山道整備、小木津山自然公園での野鳥の
森整備、里美の人工林保育整備など、年間数回程度使っています。
これらはボランティアで、自前の刈払機を持参することはありません。
畑の雑草

刈払機を購入しても、使うのは畑と、自宅裏のわずかな草地で、年間何回
使うだろうか。
そう考えているうちに、買うのはやめようと気が変わりました。
機械に頼るのではなく、自分が汗を流せばよい話だと。
その代わり値段は高くても、品質の良い鎌を買おうと考えたのです。

購入の目安としては、安来鋼を鍛接した鍛造品で、できれば新潟三条か
信州の打刃物がいいかな、なんて素人ながら考えました。
それでこんな鎌を買いました。
1鎌

「信州打刃物工業協同組合」 と、ラベルが貼られています。
そして、安来鋼の鍛接でしょう。
3鎌

気になるのは、厚鎌と書かれていることです。
畑の草刈が主目的なので、柔らかい草が対象です。
そうなると、中厚鎌がよいのかなと考えますが、この店ではこれしかなかった
のです。
いちおう、売り場の中では一番価格が高かったのですが、なにしろホーム
センターなので、どうなんでしょうか。
自宅には2つの鎌があり、研ぎながら交互に使っていますが、低価格のもので、
切れ味は満足のいくものではありません。

畑でこの鎌を使うのが楽しみです。
2鎌


17 : 57 : 28 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |  次ページ