日本の人工林を守る
2018 / 07 / 14 ( Sat )
森林インストラクター茨城の林業研修として、毎年実施している森に
入りました。
今日は、スギ、ヒノキ林の下刈りです。
2下刈り前

伐採跡に植樹したスギやヒノキの苗木の周りは遮る物がなく、十分な
太陽光が届きます。
そこには多様な先駆植物が成育し始めます。
1下刈り前

これらの草や木を刈り取り、植栽木の成長の手助けをするのが
下刈りです。
3下刈り後

連日高温注意報が発令する中での作業は、水分補給と適度な
休憩が必要です。
それでも、目に見える作業の達成感がたまりません。
4下刈り後

沢沿いには、ミツモトソウ (水元草) が咲いていました。
水辺で咲くことから名づけられたようです。
特徴的な3出複葉の葉と、全体に毛が多く、花はヘビイチゴなどと
よく似ています。
5ミツモトソウ

帰り道、いつもの場所でシキンカラマツを見てきました。
6シキンカラマツ
スポンサーサイト
20 : 51 : 03 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
海浜植物が花盛り
2018 / 06 / 24 ( Sun )
久しぶりにひたち海浜公園を歩きました。
1広場

ここは、「ネモフィラの丘」と呼ばれる人工の丘です。
4月から5月にかけてネモフィラが見ごろとなり、大勢の人がこの丘を
上りました。

今は、花を終えたネモフィラはきれいに抜き取られ、秋に赤く色づく
コキアのために、緑の若木が植えられていました。
2ネモフィラの丘

広い公園は草原エリアなど、いくつかのエリアに分けられています。
砂丘エリアでは、海浜植物が見られます。
黄色い花弁が目立つカワラサイコです。
3カワラサイコ

近くでは、カワラナデシコが咲いていました。
5枚の花弁の先は、細く裂けています。
4カワラナデシコ

これも県内の海岸でよく見られるスカシユリです。
5スカシユリ

葉に光沢のあるテリハノイバラは、海でも山でも見られます。
6テリハノイバラ

これも海浜植物でよく見られるマツヨイグサです。
夕方に開花し、しぼむと黄色の花弁が赤みを帯びた色に変わります。
7マツヨイグサ

ハマカンゾウです。
似た仲間にニッコウキスゲやノカンゾウなどがあります。
これらは冬には葉が枯れますが、ハマカンゾウは常緑です。
8ハマカンゾウ

これは園芸植物のトリテレイアのようですが、どこからか
逃げ出したのでしょうか。
9トリテレイア

ハイネズは、高山を歩いて見かけるハイマツによく似ています。
10ハイネズ

ハマゴウは、夏から秋にかけて青紫色の花をつけます。
草のように見えますが、常緑の低木です。
11ハマゴウ
20 : 07 : 04 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
今はランの花盛り
2018 / 06 / 17 ( Sun )
山仲間との自然観察山行を楽しんできました。
沢沿いの道には、ユキノシタがたくさん咲いています。
和名は「雪の下」で、白い花を雪に見立てたなどの語源があるようです。
1ユキノシタ

この時期、山間部を歩くと、白い葉をつけたマタタビが目につきます。
葉が白くなるということは、マタタビの花が咲く季節ということです。
2マタタビ

ヤマアジサイも、たくさんの花をつけていました。
アジサイはたくさんの園芸種がつくられていますが、山で自生するものは
格別な味わいがあります。
3ヤマアジサイ

これまでに一度見たことのあるのですが、名前を忘れていました。
しかし、キク科植物で羽状に裂けた特徴のある葉で、サワギクである
ことを思い出しました。
4サワギク

標高の高い山で、高山植物として知られるミヤマカラマツには何度か
出会っています。
このカラマツソウはミヤマカラマツによく似ていますが、高山ではなく
低山で見られます。
5カラマツソウ

ショウジョウバカマは、花を終え果実となる頃には花径を長く伸ばします。
これは、種を風で遠くまで飛ばすための戦略だといわれます。
長く突き出た花柄の下の葉を見ると、ショウジョウバカマであることが分かります。
6ショウジョウバカマ

クモキリソウです。
今年はあちこちで見ていますが、よい状態の花が見られました。
7クモキリソウ

これは、クモキリソウによく似たジガバチソウです。
花の色や形、葉で違いが分かります。
8ジガバチソウ

イチヤクソウは、和名を「一薬草」と書きます。
乾燥したものが薬効成分を含むことから、名づけられたようです。
9イチヤクソウ

キンセイランです。
10キンセイラン

野生ランの中でも、なかなか見ることのできないキンセイランですが、
幸運にもたくさん見ることができました。
11キンセイラン




20 : 53 : 16 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
巨樹観察会
2018 / 06 / 10 ( Sun )
インストラクター仲間7人で、日立市の風神山から真弓神社まで
歩いてきました。
好きもの同士の観察会で、こんなもの、あんなものがあったとかで、
牛の歩みです。

目立たないところに、クモキリソウが咲いていました。
1クモキリソウ

今年は何度か見ていますが、よい状態のイチヤクソウが見られました。
2イチヤクソウ

林床には、ツルアリドオシがたくさん咲いていました。
可愛らしい二つの花は、果実の元になる子房が合着して、
赤い一つの実となります。
3ツルアリドオシ

梅雨のない北海道を除き、全国的に梅雨に入ったこの時期、
庭先ではアジサイの花も見られるようになりました。
山では、コアジサイやヤマアジサイも咲き始めました。
4ヤマアジサイ

神社から森を見ると、立ち木を覆い隠すように巻きついた葉が
見えました。
これはキジョランで、渡りをする蝶として知られるアサギマダラの
食草です。
キジョランは茨城県の準絶滅危惧種に指定されていますが、
この周辺ではたくさん見られます。
5キジョラン

真弓神社から見た周囲の森です。
神域ということもあるのでしょうか、植生が守られており、自然の豊かさを
感じます。
近くでは、アサギマダラが飛んでいました。
大きなアオダイショウと、この春生まれたと思える小さなヒキガエルも
見つけました。
6神社周辺の森

今回の目的でもある巨樹の観察です。
爺杉と呼ばれるこのスギは、案内板によると樹齢950年くらいのようです。
茨城県の天然記念物に指定されています。
間近で見ると、大きさや風格のようなものに圧倒されます。
7爺杉
18 : 04 : 54 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
初夏の花が咲き始めた
2018 / 06 / 04 ( Mon )
山仲間と県北の山を歩いてきました。
全国の天気予報では、梅雨の話も聞かれるこの時期、山では
マタタビが白い葉を見せるようになりました。
1マタタビ

ホタルブクロは、里地里山ではよく見かけます。
ここでは、真っ白い花が見られました。
2ホタルブクロ

4輪生という葉のつけ方が特徴的なキヌタソウです。
8月になると、4枚の小さな花弁をたくさんつけた白い花が
見られるでしょう。
3キヌタソウ

コナスビは道端などでも見かけるのですが、これは
森の中で咲いていました。
4コナスビ

初夏の山歩きでは、あちこちで見かけるイチヤクソウです。
開花はまだ少し先ですが、今年も見ることができました。
5イチヤクソウ

ラン科植物のクモキリソウです。
6クモキリソウ

こちらは、クモキリソウによく似たジガバチソウです。
同じ山域で両方を見たのは初めてです。
7ジガバチソウ

4月に淡いピンク色の花を咲かせたイワウチワは、果実をつけています。
8イワウチワ

ウツギが咲いていました。
5月の山歩きでは、ヒメウツギやミツバウツギ、ツクバネウツギなどを
見ました。
これは、唱歌「夏は来ぬ」で歌われる「卯の花の 匂う垣根に」の
「卯の花」が、このウツギです。
9ウツギ

このシモツケも野山で見かけます。
紅色の小さな花をたくさんつけるこの花は、園芸種もつくられている
ようです。
10シモツケ

高いところで花を開くテイカカズラですが、間近で見るとこんな
可愛らしい花です。
11テイカカズラ

岩場で見られることの多いキリンソウです。
12キリンソウ

今日のお目当てのマメヅタランです。
13マメヅタラン

今年も見ることができました。
14マメヅタラン
08 : 26 : 59 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |  次ページ