FC2ブログ
秋の花がたくさん
2018 / 09 / 17 ( Mon )
常陸太田市の南部に位置する長谷林道は、古い地層でできた山域です。
地層を見ながら、秋の植物を探して歩きました。

この時期多く見られるのが、このユウガギクです。
1ユウガギク

沢沿いの道歩きで、ツリフネソウが多く見られました。
この花は横から見たほうが絵的にはおもしろいのですが、いつも
正面から撮ってしまいます。
2ツリフネソウ

いつもは素通りするツユクサですが、鮮やかな水色が目を引きました。
3ツユクサ

ショウガの仲間であるミョウガによく似た葉をつけるヤブミョウガです。
4ヤブミョウガ

シソの葉によく似たレモンエゴマです。
レモンに似た香りがあることで名づけられたようですが、レモンの
香りよりもシソの香りのような気がします。
5レモンエゴマ

トネアザミはこの時期、一番多く見られるアザミでしょうか。
別名タイアザミともいいます。
6トネアザミ

大柄な花が目立つツルニンジンです。
別名はジイソブとも呼ばれます。
よく似たものにバアソブがあります。
ジイ(爺)ソブに対して、バア(婆)ソブです。
バアソブは、環境省の絶滅危惧種に指定されており、希少なもので、
私はまだ見たことはありません。
7ツルニンジン

アケボノソウです。
特徴的な葉は、花がなくてもすぐに分かります。
8アケボノソウ

自然を観察しながら歩いて、奇妙なものに出会いました。
9

ドライフラワー状態のこの植物は、前述のジイソブかバアソブの
ように見えます。
このように自然状態でドライフラワーになるには、どのくらいの
時間がかかるのでしょうか。
10
スポンサーサイト
20 : 36 : 01 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
河川敷にも秋の花
2018 / 09 / 15 ( Sat )
今日は、里美の森での枝打ちという林業研修の日でしたが、あいにくの
雨で中止となりました。
お昼を過ぎると、雨は上がり日が差すようになり、久しぶりに久慈川の
河川敷を歩いてきました。
1久慈川河川敷

河川敷は、サイクリングコースとして整備され、サイクリングや
ジョギング、散歩を楽しむ人が多く見られます。

道沿いの草むらには、ムラサキツメクサが咲いていました。
この植物は、別名のアカツメクサと呼ぶほうが一般的かもしれません。
もともとは、牧草として日本に入ってきたものですが、今は野生化して
あちこちで見られます。
2アカツメクサ

イタドリは、スイバとともにスカンポとも呼ばれます。
春先、イタドリの新芽は山菜としても利用されます。
野山ではよく見られますが、こんなところにも咲いていました。
3イタドリ

これは、セイバンモロコシというイネ科の植物です。
ヨーロッパの地中海地域原産です。
日本のあちこちで繁殖し、歓迎されない外来種です。
4セイバンモロコシ

ナスの花によく似ていますが、これはワルナスビです。
和名は悪茄子で、これも歓迎されない外来進入植物です。
5ワルナスビ

ヒガンバナも秋を感じる花の一つです。
私は、昔はこの花は好きではなかったのですが、今はこの植物の
不思議な生態や花のつくりのおもしろさなどに引かれ、開花を心待ちに
しています。
6ヒガンバナ
17 : 21 : 45 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
やっと手に入れたサンポーニャ
2018 / 08 / 28 ( Tue )
所要で東京へ行ってきました。
御茶ノ水で用事を済ませ、以前から購入を考えていた楽器の専門店で、
楽器を購入しました。

帰りの高速バス乗り場の東京駅では、発車までだいぶ時間があるので、
赤レンガ造りの建物の丸の内駅舎に向かいました。
1東京駅正面

東京駅から反対側を撮影しました。
このビル街の先には皇居があります。
2東京駅反対側

皇居外苑からは、富士見櫓 (ふじみやぐら) がよく見えます。
江戸時代の大火で江戸城の天守閣が焼失した後に、この富士見櫓が
天守閣の代わりになった、ということです。
富士見櫓を囲むように桔梗濠 (ききょうぼり) があります。
3堀のヒシ

桔梗濠にびっしりと繁殖した植物が見えます。
ズームしてみると、水面を覆うこの植物は水草のヒシです。
4ヒシ

今回購入した楽器、サンポーニャで、マルタと呼ばれるタイプです。
南米アンデス地方の民族音楽である、フォルクローレの演奏に使われます。
5サンポーニャ
20 : 43 : 34 | ケーナ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
森の妖精との出会い
2018 / 08 / 25 ( Sat )
森林管理署に勤務していた林業技師である知人の案内で、県北の
山を歩いてきました。

森の中には、ユウガギクがたくさん咲いています。
この花は夏から秋まで花を開く、花期が長い花です。
この辺では、最初に見られる野菊です。
1ユウガギク

ツリフネソウは、沢沿いなどの湿った場所でよく見られます。
この写真からは分かりませんが、おもしろい花の構造をしています。
2ツリフネソウ

よく似た花にオタカラコウがありますが、この花はメタカラコウです。
葉や花のつくりが違います。
3メタカラコウ

シシウドは大きく成長し、よく目立ちます。
高山帯を歩いてよく見かけるのはミヤマシシウドです。
4シシウド

オトコエシも、秋の野山ではよく見られます。
5オトコエシ

オヤマボクチは、毎年春に若葉を摘んで、テンプラにしていただきます。
私の好きな山菜です。
これからつぼみが色づき、アザミに似た花を咲かせます。
6オヤマボクチ

フシグロセンノウは、だいぶ前になりますが、山歩きで始めて見ました。
そのときは、何でこんな花がこんなところに咲いているのだろう、
と驚きました。
園芸種と見間違ったのです。
10フシグロセンノウ

この植物も最近は少なくなって、茨城県の準絶滅危惧種に指定されています。
11フシグロセンノウ

今日のお目当ての花はこれ、レンゲショウマです。
7レンゲショウマ

レンゲショウマは森の妖精のような、気品のある花です。
8レンゲショウマ

この花も、茨城県の絶滅危惧種に指定されています。
いつまでも残しておきたい植物です。
9レンゲショウマ
21 : 41 : 01 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
近くの山で見つけた貴重な植物
2018 / 08 / 23 ( Thu )
今年は例年にない異常ともいえる暑さが続きましたが、ここにきて
少しづつ季節が入れ替わっているような気がします。

今日は、散歩の延長で近くの山を歩いてきました。
森に入ると、ヤブランがあちこちで咲いています。
葉はオオバジャノヒゲに似ていますが、花の付きかたや色が違います。
1ヤブラン

今年の暑さのせいでしょうか、フユノハナワラビが出ていました。
よく似たものに、冬に芽生え、秋に枯れるナツノハナワラビが
ありますが、このフユノハナワラビは、秋に芽生え、春に枯れます。
この二つは、葉のつき方に違いがあります。
2ナツノハナワラビ

秋を代表する花の一つに、キクがあります。
野山ではキク科植物が多く見られるようになります。
このカセンソウも、花が開き始めました。
3カセンソウ

草むらの中にタカトウダイを見つけました。
この植物は、ユニークな花のつき方をしています。
茎の先に5枚の葉が輪生し、そこから5個の花茎が伸びています。
この花茎の先に3枚の葉が輪生、ここに杯状花序と呼ばれる独特な
花のつき方をしています。
4タカトウダイ

近くには、タチフウロが一輪咲いていました。
なかなか見ることができない花で、茨城県の絶滅危惧種に指定されています。
5タチフウロ
06 : 59 : 16 | 山歩きと自然観察 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
| ホーム |  次ページ