山城を取り囲む自然林
2017 / 11 / 03 ( Fri )
佐白山は、笠間市の市街地を見下ろす位置にあり、鎌倉時代には
山城が築かれていました。
山頂へ続く道は、シイ類やカシ類などの豊かな常緑広葉樹の森が
広がっています。
1森.

森を抜けると、苔むした石垣と石段の道となります。
2石段

石段を上ると広々とした笠間城跡です。
3笠間城

国土地理院の三角点は、土塁の上に設置されています。
4三角点

天然の地形を利用した笠間城で、さらに石段を上ると佐志能神社
(さしのうじんじゃ) があります。
5石段

佐志能神社 の拝殿です。
建物は老朽化しており、これを支える石垣も崩れかけていました。
6拝殿

拝殿の後ろに本殿があります。
7本殿
スポンサーサイト
21 : 55 : 38 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
対照的な二つの池がある公園
2017 / 11 / 03 ( Fri )
茨城の自然100選を訪ね、笠間市の北山公園を歩いてきました。

JR水戸線の宍戸駅北部に位置する北山公園は、南北に分かれた
二つの池があります。
北の池は新池、南の池は白鳥湖と呼ばれています。
朝日新聞社発行の茨城の自然100選には、ここ「北山森林公園」には、
南の白鳥湖のみ紹介されています。
1新池

白鳥湖、新池ともに、周囲には遊歩道が整備されています。
2遊歩道

森の中には、その地形を利用した長さ161メートルのローラ滑り台が
つくられています。
子供はもちろん、大人も楽しめる滑り台です。
3ローラ滑り台

小高い丘の上に建てられた展望塔に上れば、笠間市内や水戸方面、
また、加波山や吾国山などの筑波連山も間近に見ることができます。
4展望塔

新池周りはよく整備され、たくさんの人が自然観察や散歩を楽しんでいます。
春には、ミズバショウやカタクリなどの花も見ることができます。
5新池

この白鳥湖周囲は、新池と比べ訪れる人も少なく静かです。
池の周囲はあまり人の手の加わらない自然状態が保たれているようです。
6白鳥湖
20 : 33 : 07 | 茨城の自然100選 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
楽しかった中南米音楽祭
2017 / 10 / 10 ( Tue )
ケーナ仲間と2日間、フォルクローレの演奏を堪能してきました。
福島県川俣町で毎年行われる日本最大のフォルクローレの音楽祭
「コスキン・エン・ハポン」です。
1コスキン会場

「コスキン」とは、アルゼンチンのコスキン市で開かれるアルゼンチン
最大の音楽フェスティバル、コスキン音楽祭に由来するようです。
2コスキン会場

今年で43回目になるという日本の「コスキン」は、川俣町の中央公民館を
会場に、3日間にわたって開催されました。
3コスキン会場

プログラムから数えた演奏は、プロアマ合わせて184のグループが参加
していました。
会場入り口の広場には、あちこちで出演するグループが練習し、ケーナや
サンポーニャで奏でる音楽が聞こえます。
4コスキン会場

会場内では、茨城県日立市から参加の社会人グループの演奏です。
5演奏

中南米の民族衣装を身に着けたダンスも、華やかで見ものです。
6演奏

アルゼンチンからは、ジセーラ・メンデス・リベイロがゲストとして
参加しています。
歌手であり作曲家であり、女優でもあるという彼女は、その美貌とともに
本場のフォルクローレを楽しませてくれました。
7演奏

音楽祭では、多様な楽器が演奏され、また楽しいダンスも見ることが
できました。
改めて、フォルクローレの楽しさを知りました。
8演奏

今回の「コスキン・エン・ハポン」は2日間楽しんできましたが、
福島市に別宅を持つ仲間にお世話になりました。
お宅のすぐ裏山が、春になると大勢の花見客が訪れる花見山です。
朝の散歩でこの花見山を歩いてきました。
この時期、咲き誇る花もなく、もちろん歩いている人もいません。
9花見山
21 : 07 : 17 | ケーナ | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
今年もお月見
2017 / 10 / 05 ( Thu )
中秋の名月であるこの日、日立市の助川山で恒例のお月見です。
夕方5時に、助川山市民の森の駐車場に6人が集まりました。
アルコールやつまみをカートに積んで、助川山山頂に向かいます。

途中、雲間からのぞいていた月も山頂に着く頃には、見事な満月を
見せてくれました。
1満月

すじ雲とも呼ばれる巻雲がうっすらと広がり、その上に見事な月。
その月明かりが太平洋に反射しています。
2月と海

日立の南部から、東海村原子力発電所方面を俯瞰します。
3夜景

今年もギターのライブ演奏を楽しみました。
最高のロケーションで聴く心地よい演奏は、感動ものです。
4ギター演奏

アルコールと音楽、仲間との会話を楽しみ、いつの時間かシュラフに
もぐりこんでいました。

未明の強い風に起こされましたが、その風も収まり、さわやかな朝を
迎えました。
5翌朝
12 : 26 : 52 | 無題 | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(0)  | page top↑
里美の森で森林整備
2017 / 09 / 30 ( Sat )
森林インストラクター茨城では、毎年、常陸太田市の林業家の
人工林で森林施業の研修を実施しています。
春の植栽から始まり、夏の下刈り、そして今日は枝打ちです。

山主さんとインストラクター6人で広い森の中を車で移動し、
歩いて目的の林に向かいます。
1森に向かう

枝打ちとは、まだ若いスギやヒノキの枝を切り落とす作業で、節のない
木材を作り、林内に光を入れます。

作業前のヒノキの林は、横に枝を伸ばし太陽の光がほとんど届きません。
2作業前

枝打ちをすることで、このような明るい林になりました。
3作業後


20 : 51 : 42 | 森林インストラクタ- | トラックバック(0) |  コメントはこちらから(2)  | page top↑
| ホーム |  次ページ